「ペットブーム」という言葉が使われて久しいですが、皆さんの中にもテレビなどを見て飼うことを決めたという方は多いのではないでしょうか。

芸能界にもペットを飼っている方は多く、中川翔子さん、志村けんさんらがともに暮らしています。そんな中、実家で長らく犬を飼っているという女優の藤原紀香さんが3日、ブログで「ペット」を飼うことについて自身の思いを明かしました。

実家の愛犬とともに写るドッグシッターの愛犬・リク

実家のワンちゃん、歳をとり後ろ足が弱って
もう歩けなくなってしまった

実家で飼っている黒ラブ、ノーブリー君は大事な家族です。

ノーブリー君はとても大型犬の中でもかなり大きめの子です。

家族だけでは 排泄などのことも出来ないので、

今は、母や、実家に通ってくださる優しきドッグシッターさんの愛情たっぷりのケアにより歩けずとも、日々、たくさんご飯を食べて 元気に暮らしています

右がノーブリー、左がリクちゃん。

実は悲しい過去が…

格が良くておとなしくて可愛いリクちゃんですが、

実は

以前の飼い主さんが、〝育てられなくなったから〟という理由で、

まだまだ元気なリクちゃんを処分するため保健所に連れて行ったのを

今の飼い主であるシッターさんが発見し、すぐさま 保護し連れて帰ってきたワンちゃんでした。

出典 http://ameblo.jp

〝育てられなくてなったから〟、、、

このように、人間の都合で保健所に連れて行かれたり、捨てられたりして死の処分を待つペットたちがあまりにもたくさんいて、本当に悲しくなります、

とシッターさんが教えてくれました。

出典 http://ameblo.jp

なんと、その時のリクちゃんは

まともにブラッシングもして無くて、フケもたくさんあり、獣医さんに診てもらうと、まだまだ生きられるのに、可哀想な状態だったということでした。

今は、検査も受け、病気もなく、
シッターさん家族の子供として可愛がられ、
幸せに暮らしています

出典 http://ameblo.jp

「育てられなくなったから」と、飼い主の勝手な都合で見放された過去がリクにはありました。

それに対し紀香さんは…

やむに止まれる 事情があったのかも知れません。

が、やはり、それは人間の勝手な都合だと思います。

ペットは大切な家族です。

命あるもの。

クリスマスや誕生日プレゼントに、動物を買う人も多いと聞きます。

ブームに乗り買ったりする前に、

一生、面倒を見る覚悟があるかどうか、

一度心に問い、誓ってから飼ってくださいませ

出典 http://ameblo.jp

ブームで買う人が多いですが、一人の大切な家族として、愛情を注いであげてほしいと語っています。

いかがでしたでしょうか。ブログではこの他にも紀香さんのプライベートが堪能できる写真など、興味深い内容となっています。ぜひ一度ご覧になってみてください!

関連記事はこちらから

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス