ネットを中心に話題になった「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログ

出典 http://anond.hatelabo.jp

『何なんだよ日本。一億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか』

我が子を保育園に入れられなかった母親によって書き込まれたとみられる「保育園落ちた日本死ね!!!」と題されたブログ。

この匿名のブログは投稿後、ネット上で話題になり、その後はテレビでも取り上げられるなど大きな反響を呼びました。

2月29日には国会でも取り上げられることになった

Licensed by gettyimages ®

2月29日には、ついに国会でも取り上げられることになったこの「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログ。

同日開かれた、衆院予算委員会でこのブログの内容を読み上げ安倍晋三首相に迫った民主党の山尾志桜里氏。

このことについて安倍首相は「匿名である以上、実際起こっているか確認しようがない」としながらも「大変残念な苦しい思いをしている人がたくさんいることは承知している」と答弁。

しかし、他の議員からは「誰が書いたんだよ!」「本人を出せ!」のヤジが飛ぶなど荒れた国会となったようです。

このヤジに怒りを覚えた人たちは少なくないみたい…

Licensed by gettyimages ®

「保育園落ちたブログ誰が書いたんだよ!」といったヤジ。

匿名かどうかが問題ではないにも関わらず、こういったヤジが飛び交ったことに怒りを覚える人たちは多かったみたい…。

国会でのこのやりとりがあった後、ツイッターでは”#保育園落ちたの私だ”のハッシュタグが生まれ、子どもを保育園に入れることの出来なかった親御さんたちからは怒りの声があがっているようです。

また、現行のシステムに不満を訴える声は多い

Licensed by gettyimages ®

勤めていないと申し込めないにも関わらず、保育園が決まらなければ務めることができないという現行のシステム。

保育園が決まらないために仕事を辞め、その後は、仕事をしていないことから保育園には入れられず仕事を再開することができなくなってしまうという人も少なくないようです。

保育士不足のなか復職できない保育士さんも少なくないようです

Licensed by gettyimages ®

また、「待機児童ゼロ」を目指し、保育士の確保が急がれるなど、保育士不足が叫ばれている日本。

しかし、こういった状況の中、産休明けみに、子どもを保育園に入れられないことで復職できない保育士の方もいるみたい…。

当事者も「冗談みたい」と揶揄するこの状況も保育士の不足に少なからず影響を与えているのかもしれません。

多くの人が「保育園落ちたの私だ」と名乗り出ることになった今回の「誰が書いたのか?」といったヤジ。

政治家の方には、多くの人が同じ境遇で苦しんでいることを認識し、よりよい政策に向けてに日々取り組んでいっていただきたいものですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス