記事提供:空間心理カウンセラー 伊藤勇司オフィシャルブログ

こんばんは。片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

今日は朝から東京でご自宅3回セッション。

今日が1回目となりますが、素晴らしい一時となりました。セッションの中で近況の変化をフィードバックしていくと

「ひとまず、年始に入って婚活をやめることにしました」

と、おっしゃっていました。

「なぜ、婚活をやめようと思われたのですか?」

と、お伺いすると

「人を呼べない部屋のまま婚活をしても、仲良くなったとしても家に呼べないだろうし、何よりも自分に後ろめたい気持ちのまま婚活しても良い縁には恵まれないと思ったからです。

よくよく考えてみたら、自分が男だったら焦って悲壮感を持ちながら婚活している女性を魅力的だとは感じないだろうなと思ったこともありますので」

とのこと。

その話を聞いてとても納得できたことがあるのですが、

今回の方とは直近で昨年末のセミナーでお会いしていたのですが、今日お会いしたら当時の面影がないくらいに顔にツヤが増し、表情が明るく魅力的になっていると伊藤は感じたのです。

無理して追い求めていくことをやめることで心が軽くなったからなのかもしれません。

女性は特にですが結婚に焦ってくると表情に「苦労」が出るようになります。

その状態で人に出会っても

「自分が苦労する人」

を、呼び寄せてしまうものです。

「誰でもいいから結婚をしたい!」

というように、単純に結婚だけをしたいならそれでも良いかもしれません。

でも、そんな人はほとんどいないはず。結婚したいと思っている女性のほとんどは

「本当は結婚したいのではない」

という事実をしっかりと意識しておくことが大切。

結婚するという状態を得たいのではなく、結婚した先にあるものが得たいものの本質。

結婚はプロセスであり、ゴールではないということです。

「結婚したいんです!」

という方の深層心理を掘り下げていったときに出てくる1番多い答えは

「安定が欲しい」という言葉。(伊藤独自調べ)

手にしたいのは結婚した状態ではなく、その先にある安定。

もちろん、人によっては「安定」ではないこともありますが、実現したいと思っていることの先にある本当に得たいものを自分で客観的に意識できていないと全てが本末転倒になってしまうものです。

伊藤は恋愛講座や結婚支援をメインに行っているわけではないのですが、なぜだかクライアントさんから

「彼氏ができました!」

「結婚できました!」

「避けていた旦那と、不思議と仲良くなりました!」

というご報告をいただくことが多いものです。

そうなる理由はシンプルですが「心が安定する」から。

考え方が整理されて生き方がシンプルになっていくと心は飛躍的に安定します。すると、あらゆる面で安定感を感じる出来事が起きるようになる。その一つが、

パートナーとの出会いであり、結婚であり、仲直りでもあるだけ。

今日はセッションを通してその方が

「素敵なお母さん」

に、なっている映像が頭の中で自然に浮かんできました。

心が安定していくと、顔にツヤが出る。

男は、女性の笑顔に魅力を感じるものです。

最近は「婚活ウツ」という言葉があるようで、婚活を頑張りながらも、たいして好きでもない人からフラれてしまう経験をすることで心が病んでくるケースが多いようです。

嫌な経験値を増やして自分が辛くなるだけなら、いっその事、婚活自体を手放した方が楽になるもの。

伊藤は結婚に良い意味で焦らなくなった人にすぐさま婚期が訪れていくケースをたくさん見てきました。

焦って追い求めるよりも安心して待つ。

すると、安心のエネルギーの連鎖が起こり続けていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス