休日に妻の買い物に付き合うご主人たちの役目は、ほぼ荷物運びと送迎係。
長~い間、ご主人たちはいったい何をして時間を潰しているのでしょうか。

世界最大のスーパーマーケット「ウォルマート」の店長が、ある常連客の女性に送った手紙に驚愕の事実が書かれていました!

親愛なる「ウルフさま」

過去6ヶ月の間、あなたのご主人は、我々の店でかなりの騒動を起こしてくれました。我々はこの振る舞いを大目に見ることができず、店から強制退出させることができませんでした。あなたのご主人に対する我々の告訴は、以下に記載します。

なお、監視カメラによる記録も残っています。

2014年6月15日

カメラが見えない所で、彼は2ダースのコンドームを取り、無造作に他のお客様のカートに1箱ずつ入れた。

7月2日

家電売り場のすべての目覚まし時計を5分置きにアラームが鳴るようにセット。

7月7日

床にトマトジュースを零し、女性トイレまで続く痕跡を残した。

7月19日

従業員に成りすまし、近くの店員に「家電売り場に人手が足りないから、今すぐ行くように」と命令した。この店員が売り場を離れたことで上司に注意をされ、多くの無駄な時間と労力を費やした。

8月4日

サービスデスクで1袋のポテトチップを確保するように脅した。

8月14日

「清掃中につき床が濡れています。注意」の案内板を、カーペットエリアに移動した。

8月15日

アウトドア売場にテントを張り、子どもたちに「寝具売り場から枕と布団を持ってこい!」と命令した。20名もの子どもたちがどれほど恩恵を施したことか。

8月23日

従業員が、「どうしましたか?」と尋ねると、「放っておいてくれませんか」と泣き叫んだ。おかげで、救急隊が駆け付ける羽目となる。

9月4日

監視カメラと知りながら、鼻クソをほじる鏡として使っていた。

9月10日

スポーツ用品売り場で銃を片手に、「抗うつ剤はどこにある?」と従業員に尋ねた。

10月3日

「ミッション・イン・ポッシブル」のテーマを歌いながら店内を駆け回る。

10月6日

カー用品売り場で、色んなサイズのジョーゴを胸に当て、マドンナ風にポーズを取り続ける。

10月18日

家具売り場で一通り時間を潰した後、クローゼットの中に隠れ、買い物客が近づくと「私を選んで!」「指名して!」と叫んだ後、再び隠れる。

10月22日

店内放送が流れると、まるで胎児のような姿で床に丸まって、「またあの声か。辞めてくれ!」と叫ぶ。

10月23日

コンドームを1箱レジに持っていき、スタッフに「試着室はどこだ?」と尋ねる。

10月25日

試着室に入り鍵を掛け、「ねぇ!トイレットペーパーがないんだけど」と、大きな声で叫ぶ。おかげでスタッフ1名が失神。

以上。
本日以降、ご入店は遠慮下さいますようお願いいたします。

ウォルマート店長 フレッド・リチャードソンより

いかがでしたか?この手紙を読んだ海外サイトのユーザーの反応は、「腹筋崩壊!」「ファンタジー!」「笑い話でしょ!」などのコメントが多かったようです。
筆者もこの記事を書いている途中、思わずツボに嵌ってしまいました(笑)

日本ユーザーの反応は、「奥様も大変ですね」「大人の発達障害だな」、など妻を気づかうコメントが。

それにしても、世のご主人たちは、休日の妻の買い物に付き合うのが大の苦手で、我慢して過ごしているようですね。お疲れさまです。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス