仕込み銃のようにiPhoneがシャキーン!と飛びだすガジェット「仕込みiPhone」。2011年に1号機を開発。バージョンアップを繰り返し、現在は仕込みiPhone4号機、仕込みiPadまで製作されています。
 
製作者は映像作家、パフォーマー、俳優として活動している森翔太(30)さん。一度見たら忘れられない独特な風貌を活かし、ホームページでは自身や仕込みiPhoneの写真を自由に使えるフリー素材として公開しています。
 

元々国内だけではなく、海外のメディアにも多数取り上げられていた仕込みiPhoneですが、ついに世界のデジタルアート界で最も権威のあるイベントArs ElectronicaでHonorary Mention(入選)を受賞しました。
 
言葉で説明をしても、このインパクトとイノベーションは伝わりません。受賞記念に是非こちらの動画をご覧ください!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス