その名も「BLTトリオ」。今アメリカで話題になっている3匹(クマ、ライオン、トラ)の仲睦まじくじゃれ合う姿がとっても可愛いのです。でもその背景には悲しい出来事が。

動物保護団体の元で暮らす3匹

出典 https://www.youtube.com

動物保護団体「Noar's Animal Sanctuary」がメディアに語ったところによると、この3匹が発見されたのは今から15年前。警察が薬物捜査をしていたアトランタ州のある家の地下室に3匹は閉じ込められていました。

ひどい虐待を受けて瀕死の状態に

出典 https://www.youtube.com

生まれて数ヶ月しか経っていないと思われる3匹は、無数の虐待を受けていたようでその傷跡が生々しく、また寄生虫による病気で瀕死の状態だったそう。でも保護した警察により動物保護施設へと預けられ、なんとか元気にこれまで成長した3匹は苦境の間に絆を深めたようで、離れられない存在になっているとか。

いつだって一緒の3匹!

出典 https://www.youtube.com

麻薬密売人により監禁状態だったこの3匹は、もう野生に戻れる力がありませんでした。そのため今でもずっと保護施設にいる3匹。「引き離すことも考えましたが、3匹一緒にいることが彼らにとっても心地いいようなので一緒にしています。」と語るのは施設の館長であるダイアン・スミスさん。

ところが、3匹を一つの敷地内で飼うには様々な規則があります。敷地を囲っているフェンスの高さが既定の半分の高さのために、政府は安全性を考慮し16フィート(約5メートル)の高さのフェンスを義務付けるように指示。

不幸なことに、この工事には約50万ドル(約5,600万円)もの費用がかかるのです。もしそれが不可能な場合はこの3匹は引き離されてしまうことになるというのです。

寛大な人々の寄付金により目標金額が達成!

出典 https://www.youtube.com

施設は複数のファンドサイトで寄付金を募りました。そして目標金額に達成したために義務付けられたフェンスが設置できることになったそう。これでBLTトリオも3匹一緒にいられるようになるとのことで安心ですね。

バルー、レオ、シェア・カーンと名付けられたクマとライオンとトラ。何もかも違うこの3匹が「家族」として絆を深め共に生きています。本当なら野生に返すのが一番いいのでしょうが、離れられない絆を持つこの3匹にとっては、このNoah's Animal Sanctuaryで温かいスタッフに見守られながら保護されて生きて行くのがベストなのでしょう。

動物虐待は、猫や犬などのペットだけでなく広範囲で起こっている悲しい現実です。虐待された動物が無事に保護され、手当てを受けて元気になるというケースもありますが、無慈悲な人間によって命を奪われてしまうケースも決して少なくはありません。

今一度、全ての生き物の命をリスペクトする認識を持つことが大切ではないでしょうか。少しでも世界から動物虐待が減ってくれればと願う筆者です。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら