今までもアイディアと体を張ったミュージックビデオを発表し、グラミー賞最優秀短編ミュージック・ビデオ賞を受賞したこともあるアメリカのロックバンド、OK Goが今回もすごいものを作ったと話題になっています。

シカゴ出身の4人組OK Go

OK Goは、ボーカル&ギターのダミアン・クーラッシュ、ベース&ギターのティム・ノードウィンド、ドラム&パーカッションのボーカルダン・コノップカアンディ・ロス、キーボート・ギター&ボーカルのアンディ・ロスからなる4人組のロックバンドです。

11歳の時にダミアンとティムは出会っていましたが、高校、大学でダンと旧メンバーのアンディー・ダンカンと出会ったことによりバンドを結成し、1999年デビューすることになりました。

話題の無重力MV『Upside Down & Inside Out』

ミュージックビデオのスタートの時点では、座っているメンバーの膝の上にノートパソコンが乗っているのですが、それがフワ〜っと空中を浮遊し始めます。

CAさんも無重力で踊り出す

少しするとメンバーもシートベルトを外し浮かび上がり、2人のCAさんは無重力でくるくると回転するようにダンスをしています。

スーツケースの中からカラーボールが飛び出す!

メンバーがスーツケースを開くと、たくさんのカラーボールが無重力空間に飛び出して来ます。視界全体に広がるカラフルなボールたちは、とってもポップでかわいい映像を作り出しています。

メンバーやCAさんたちは、捕まっていないと体が勝手に移動してしまうような状態です。

色のついた水が飛び散る!

水風船に入ったカラフルな液体を割ると、やはり地上とは違い下方向だけでなく上にも横にも飛び散りアーティスティックな状態に。すごい!と思っていたのもつかの間…

最後は無重力から重力のある世界へ帰ってくる

さっきまで色々な方向に飛び散っていた液体が、突然大雨が降ってきたかのようにメンバーに降りかかります。無重力空間から重力の世界へ帰ってきたメンバーをみると、無重力の世界がどれだけ違うのかあらためて感じることができます。

無重力MVのアイディアは何がキッカケで生まれた?

以前は国単位で行っていた宇宙事業ですが、数年前からは民間企業も参入し始めました。それを知った彼らは宇宙でのミュージックビデオ製作のアイディアを考え始めたのだそうです。

ロケットで宇宙空間まで行かなくても、飛行機で急上昇、急降下をすることで30秒ほどずつ無重力状態を作ることができます。今回は、それを使って撮影をされたそうです。

「それで、急に宇宙が身近に感じられるようになったんだよね。そのとき、もうすぐ宇宙で誰かがアート作品を制作するんじゃないかって思ったんだ。すごい興奮したよ。それから宇宙飛行士訓練やパラボリックフライト(放物線飛行)について調べはじめたんだ。だから、今回のMVは10年近く温めつづけてきたアイディアなんだよね」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

スタッフが58回も嘔吐!?

見ている分には楽しいMVですが、この撮影はとても過酷だったようで、なんと撮影期間中にスタッフさんが58回も吐いてしまったそうです。

これが無重力MV!

出典 YouTube

3分22秒の映像ですが、実際には何度も何度も撮影を繰り返しています。何度も重力と無重力を感じるのはかなり過酷なことらしく、スタッフが58回も嘔吐してしまったんだとか。

未来を感じずにはいられない『 I Won't Let You Down』

出典 YouTube

最初にADやヘアメイク役でPerfumeが出演しています。未来を感じる乗り物に乗ったメンバーが室内から出て行くと…

これがワンカットで撮影されているなんて!多くの出演者の方々に、ただただ拍手です。

東日本大震災後の日本へ向けた『All Is Not Lost』

出典 YouTube

ガラスの板の上で踊るメンバーとダンズカンパニーを下から撮影した、Googleとコラボした作品です。3分を過ぎた頃に、様々な言語のメッセージが現れます。もちろん日本語のメッセージも。

パンの焼けるいい香りがしてきそう『Last Leaf』

出典 YouTube

美味しそうなパンとは対照的に、とてもノスタルジックで雰囲気のある絵がこまどり作品で作られています。いったい何枚のパンを焼いて、いったい何日かけてスタッフの皆さんで食べたのだろう?と思ってしまうほど、シンプルですがとても手のかかった作品です。

どれが本物!?『The Writing's On the Wall』

出典 YouTube

ミュージックビデオ内に散りばめられたトリックアートの数々。箱の上をジャンプしていたと思ったら、実は床の上に書かれた絵だったり。音楽そっちのけで見入ってしまいそうな謎解き感覚のトリックアート。

今回ご紹介したもの以外にも、まだまだ見たくなるミュージックビデオを製作、発表しているOK Goだけに、これからも目が離せません!もちろんミュージックビデオだけでなく、音楽の方でもファンを惹きつけています。ぜひCDなどで聞いてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス