出典 https://www.instagram.com

記事提供:Cart

お笑いコンビ・よゐこの濱口優さん(44歳)といえば、お笑い界指折りの“モテ男“として有名です。

現在の彼女は“アッキーナ”こと南明奈さんですが、これまでの長い芸能生活の数々の美人タレントのみなさんと浮名を流してきました。

さて、濱口さんがモテる理由として、「優しい」ということがよく言われます。

その優しさ、そして誰に対しても礼儀正しく接するであろう人柄が、濱口さんのInstagram投稿のハッシュタグに表れているのをご存知でしょうか?

ちょっと見てみましょう。

注目したいのは、「#大塚愛」「#佐藤栞里」「#吉木リサ」というハッシュタグの後。濱口さんは、半角スペースを空けて必ず「さん」という敬称をつけているのです。

濱口さんは、たとえハッシュタグでも敬称を略さないんですね。その姿勢は、先輩後輩や男女問わず貫かれています。

この写真には写っていないフリーアナの田野辺実鈴さんの名前もしっかり出し、「さん」付け。

「ちゃん」付けになる場合もあります。

このように、芸人としてかなり後輩であるオードリーのふたりにも、しっかりと「君(くん)」という敬称をつけています。

この行動ひとつで、優しい先輩であることが伝わってきますね。

NAOTOさんだけでなく、文のあいだに登場した「#nigo」という何気ない人名の後にもやはり「さん」が付いています。

そして注目すべきは、こちら!

長年レギュラー番組をともにするナインティナインの岡村さんの場合、あえて「岡村隆史」だけになるんですね。

この、仲が良いからこそ敬称略になる姿勢が、逆に信頼できるといえそうです。ハッシュタグの付け方ひとつに出る人間性。

濱口さんがモテるのは、こういうきめ細かい気遣いができるからなのかもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス