最高裁によって判決が下された”認知症事故”の賠償訴訟

Licensed by gettyimages ®

愛知県で2007年に起こった、当時91歳の男性が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐってJR東海が残された遺族に対し、振り替え輸送にかかった費用や人件費の賠償を求めた裁判で、3月1日、最高裁はJR東海の訴えを退け「家族に賠償責任はない」との判決を下しました。

認知症の男性患者が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は1日、「家族に賠償責任はない」との初判断を示した。

出典 http://jp.reuters.com

認知症の父親を事故で失ってから約8年。長男は「いろいろなことがあった」と振り返り、最高裁判決に「大変温かい判断をいただいた。良い結果に父も喜んでいると思う」とコメントで感謝を込めた。

出典 http://www.sankei.com

最高裁の今回の判決を支持する声は多い

Licensed by gettyimages ®

認知症患者の家族の責任について最高裁まで争ったケースは今回が初めて。

少子高齢化によって「介護する世代」が増え続けるなか、今回最高裁判所の下した判断を支持する声は多い。

介護付き老人ホームに入れようとしても空室がなく、仮に入れたとしても多額の費用を払い続けなくてはならない。

今回裁判所が下した家族の側の事情を多分に考慮した判決は、様々な理由から在宅介護を選択した人たちにとって、胸を撫で下ろす結果だったのではないでしょうか?

しかし、一方では手放しで喜べないという意見も少なくない

Licensed by gettyimages ®

しかし、今回の判決について手放しでは喜べないとする意見も少なくないようです。

徘徊中に事故に遭って亡くなった男性と同居していた妻が当時85歳であったことや、長男が離れて暮らしていることから「認知症の男性を監督することはできなかった」とした今回の判決。

認知症患者が起こした損害についての責任を巡っては認知症患者によって被害を受けた場合、その家族は責任を負わないってことだな」同居して介護したほうが不利(だから面倒みない)ということにもなりかねない」など、今回の判決に違和感を感じるという声もあるようです。

民法は、責任能力のない認知症患者らによる事故などの損害は「監督義務者」が賠償すると規定。ただし、監督義務を尽くしていれば免責される。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

そのうえで今回のケースについて検討し、妻は当時85歳で介護が必要な状況だったうえ、長男も離れて暮らし、月に3回程度しか実家を訪ねていなかったことなどから、「認知症の男性を監督することはできなかった」として賠償責任は認められないと結論づけました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

高齢者の5人に1人が認知症患者となることが予測されている日本。

今後は「認知症患者の損害賠償責任をその家族がどこまで負うか?」といった問題以上に、被害者への救済を含め、社会全体でもっと話し合われることが大切なのかもしれませんね。

認知症の高齢者は去年の時点で全国で520万人と推計され、いわゆる、団塊の世代がすべて75歳以上になる9年後には700万人に達して高齢者のおよそ5人に1人に上る

出典 http://www3.nhk.or.jp

この判決を機に、認知症患者や介護する家族、介護施設で働く人たちの懸念を少しでも和らげつつ、被害者の救済の道を閉ざすことのないよう、社会全体で認知症患者を支える体制の整備が急務だ。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら