3月を迎え、卒業式の季節がやってきました。通いなれた学び舎や通学路、毎日顔を合わせて喜怒哀楽を共にした仲間達とのお別れです。卒業の喜びと寂しさを黒板いっぱいに描く「黒板アート」。黒板には、それぞれの思いが込められた素晴らしい”アート”が誕生しています。どうぞご覧ください。

いつまでも夢を持つ人生になりますように。

卒業おめでとう

皆と顔を合わせる最後のひととき・・・

卒業しても仲間だ!

34人の魂が黒板に宿っています。

祝・卒業

制服ともお別れです。

ふたり

すれ違っていた二人も卒業です。

アリエルとミッキー

アリエルとミッキーも、教室のみんなの卒業を祝っています。

祝・卒業

桜吹雪が散っています。なんて綺麗な桜なんでしょう。

ずっとそこにたたずんでいる校舎も寂しそう・・・

変わることなく、毎日皆を迎えてくれた校舎も卒業を祝っています。

卒業しても仲間だっ!

アンナ奴も、こんな奴もみんな仲間!

佐世保西高校黒板アート

丁寧に書かれた8名の恩師。優しくて穏やかに卒業を祝っています。

平和の象徴”鳩”もお祝い!

鳩のようにみんな羽ばたいて下さいね。

最後の晩餐・・・

きょうで本当に最後ですね。卒業は忘れられない思い出になります。

HAPPY GRADUATION TO YOU!!

先生みずから”黒板アート”でお祝いです。嬉しいですね。

黒板アートは、消えてしまいます。いえ、消さなくてはならないものです。そんな刹那なアートだからこそ、こんなに素敵に、こんなに一生懸命に描くことが素敵にみえます。そして、記憶に残ります。ずっと一緒に過ごした仲間と、いつもの教室で眺める”黒板アート”。卒業の日は、いつもと違う教室の風景に喜びと寂しさを感じたことでしょう。

卒業される皆さん、本当にご卒業おめでとうございます。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス