相手の出欠確認のために予め送る必要のある「招待状」

出典 http://weddingletter.blog87.fc2.com

結婚式や同窓会など、相手に出欠を確認するためにも予め送ることになる”招待状”。

通常は、出席と欠席のどちらかに○を付け、”ご”を消してなどのマナーがあるのですが、最近だとこういったテンプレの招待状以外にも様々な招待状があるようです。

現在、ツイッターでは”欠席するのが難しい”ユニークな招待状が話題になっているようです。

安斎利洋(‎@ToshihiroANZAI)さんが投稿したこちらのツイート。

右手のイラストと共に『どちらか一方を指差してください』と書かれたこの招待状、手首の間接を固定され、どうやっても欠席を指差しづらい…。

投稿者自身も『欠席するのが難しい』と語るこの招待状には、ツイッターからも「確かにw」「グッドアイディア♬」など多くの声が寄せられているようです。

一方で、どうしても欠席したい人達は頭を抱えているみたい

Licensed by gettyimages ®

あの手この手で”欠席”を指差そうとするものの、やっぱりなにかがおかしい…。

人差し指だとなんだか「グキッ」ってなってしまいそうなこの招待状。

「ちょっと消して小指で指すとか…」「中指を使うしかない」など、この欠席しづらい招待状で欠席を申し出るために頭を悩ませている人たちも多いみたいです。

お世話になったあの人にどうしても出席してもらいたい!

そういった相手に招待状を送る際は、あえてこういった欠席しづらい招待状を送りつけてみるのもいいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス