・スヌーピーの仲間だったシャーロットブラウン

出典 http://peanuts.wikia.com

スヌーピーで有名な漫画「PEANUTS」にシャーロット・ブラウンという女の子がいたのを皆さんはご存知でしょうか。原作にもわずか10回ほどしか登場しなかったため、知らない人も多い彼女。

彼女はなぜ作品に登場しなくなってしまったのでしょうか。

・声が大きくやかましい

出典 http://peanuts.wikia.com

登場した当初から彼女は声が大きく、やかましく、あつかましい性格でした。そのせいか彼女を嫌がる読者が多くあらわれました。

PEANUTSのファンであったエリザベス・スウェイムさんもまた、シャーロットというキャラクターが好きになれず、シャーロットに対する不満を作者のチャールズ・M・シュルツ氏に手紙でつづりました。

・それに対し、作者からの返事がきた

出典 http://peanuts.wikia.com

その不満の返事に対し、作者のシュルツ氏から返事が来たと言います。
そこには頭に斧が刺さったシャーロットの姿が…。

そして、この一か月後から、シャーロットは作品から姿を消しました。

いったいこの手紙には何が書かれていたのでしょうか。

親愛なるミス・スウェイム

シャーロット・ブラウンに関するきみの提案を受け入れ、いずれ姿を消させることにしたよ。もし今後もあの子が漫画に出てきたら、きみの手紙を受け取る前に仕上げた分か、あの子が好きだと誰かが手紙をくれたせいか、どちらかだろう。

ただ、これだけは覚えておいてほしい。きみやきみの友人たちは、罪のない子の死をやましく感じることになるんだよ。そんな責任を受け入れる心の準備はできているかな? 

手紙をありがとう。これからの内容には満足してもらえるよう願っているよ。

敬具

出典 https://twitter.com

・手紙の真相

出典 https://twitter.com

作者のシュルツ氏は、ファンの言葉を受け入れシャーロットを作品から消すことを決めました。彼にとってキャラクターたちは自分の「友達」と同じです。作品から消すということは「友達を殺す」に等しい。それを意味する、斧がささったシャーロットのイラストが手紙には描かれていました。

・45年後に発見されたこの手紙

この手紙が世に知れ渡ったのはシャーロットが登場しなくなってから45年です。作者のシュルツ氏が亡くなった直後に、手紙の相手であったスウェイムさんがこの手紙を図書館に寄贈したことにより話題となりました。

ツイッターでこの話を紹介してくれた「くりは ‎@_krieq」さんがとても興味深い意見を話されています。

・創作上のキャラクターも生きている

「あの子は誰に愛されていたんだろう」「あの子はどうして生まれてきたんだろう」そのキャラクターを作った作者であれば、作品上で「生きる意味」を彼女に与えていたはずです。彼女が嫌われていること…そして、彼女を作品から消してしまうことは、作者にとって辛い決断だったでしょう。

・誰からも愛されない子は必要ないのか

誰からも愛されない子は消してしまえばいいのか?創作上の世界だから許されるのか?現実世界でも許されるのか?そんなことを考えさせられました。

・この話を聞いた人たちの感想

Licensed by gettyimages ®

とても切なくなるこの手紙の内容。「くりは ‎@_krieq」さんの元には沢山のリプライがありました。

・涙が出そうになった

辛い気持ちになってしまう人が多いようです。

・殺さなくてもよかったのでは

斧がシャーロットにささっている手紙のイラストが衝撃的すぎてショックが強いです。

・作者は友だちを殺してまで伝えたいことがあった

大切な友だちを殺してまで、伝えたいことがあったのではないかという方。

嫌いな相手は排除してしまってもいいのか。排除した時の責任はとれるのか。排除された後には何が残るのか…色んな事を考えさせられてしまいます。

・泣けます

まだシャーロットのことを好きな子もいるかもしれないと。シャーロットを愛してくれる人をどこかで探している作者の胸の内に泣けてしまいますね。

・現実世界と重なる

スヌーピーの世界の裏側でこのような事実があったことに驚かされると同時に、他人ごとではないような切ない気持ちにかられた一通の手紙でした。

自分が苦手な人がいても、その人に罪はあるのでしょうか?苦手な人を排除しようと意地悪な行動に出るような人に疑問を覚えてしまいました。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス