記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
思わぬ時にぶつぶつができて、かゆみが出てしまう蕁麻疹。食べ物や薬などによるアレルギー性のもの、ストレスや疲労、体調不良などによる非アレルギー性のもの、そして原因不明のものと種類はさまざまです。この蕁麻疹の仲間に、気温が下がるこれからの季節に注意したい「寒冷じんましん」があることをご存知ですか?

今回は、この寒冷じんましんのメカニズムや予防方法について医師に教えてもらいましょう。

「寒冷じんましん」とは?

「寒冷じんましん」とはその名の通り、身体が冷たいもの、具体的には体温よりも温度の低い物質となんらかの接触があった場合に起こる蕁麻疹です。外気温そのものが冷たい冬場はもちろんのこと、夏でも例えば、エアコンの冷風を浴びたり、冷たいプールの水に浸かることでも起こりえます。

寒冷じんましんは、肌に赤みが出てかゆくなり、鳥肌と間違うような小さなプツプツが肌に出現するものです。軽度のものもありますが、頻度や程度が増してだんだん悪化してしまうこともあります。急に身体を冷やすと肌にプツプツができて、かゆみが出てくるという人は、鳥肌ではなく、寒冷じんましんの可能性があるかもしれません。

どんな時に発症するの?

急に温度が変化することで肌の深い部分、真皮や血管周囲にあるマスト細胞と呼ばれる細胞が刺激され、これがヒスタミンを放出します。そして血管内の血しょう成分を血管外に出すことで皮膚が発赤し、腫れたようになるのです。

このような状況は、例えばお風呂から上がった後に室温の低い脱衣場に出たり、板張りの床をはだしで歩いたときなど、私たちの生活の中に意外と数多くあります。また、アイスクリームやかき氷を食べることで蕁麻疹が出る例も知られています。

寒冷じんましんの患者は、冬は暖かい室内から外に出て風に当たっただけでも、衣類に覆われていない部分、例えば顔などにぱっと赤みや腫れが広がることもあります。蕁麻疹がひどくなると、かゆくなって生活に深刻な影響を及ぼすこともあります。

≪自覚がないだけで、実は内臓が冷えているかも≫
自分は冷え性ではないと思っている方多くないですか?【隠れ冷え性】診断

寒冷じんましんと診断されたら?

寒冷じんましんと診断されたら、まずは極端な寒さ(急激な温度変化)と乾燥を防ぐことが大切です。特に以下の3つに注意しましょう。

入浴前に脱衣場を十分温めておく
冬場はしっかり防寒の備えをして外に出る
・運動して汗をかいた後は急速に汗に体熱を奪われて蕁麻疹が出やすいタイミングのため、汗をしっかり拭って体温の低下を防ぐ

医師からのアドバイス

病院では寒冷じんましんに対してヒスタミンの分泌を抑える働きをする抗ヒスタミン薬の内服を処方されることが多いでしょう。しかし、これは根本的な解決にはならないので、やはり寒冷じんましんの出る人は日常生活での注意が不可欠です。これからの季節、乾燥と寒さには気を付けてお過ごしくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス