記事提供:カラパイア

パブロ・ピカソ(1881年10月25日‐1973年4月8日 享年91歳)は、スペインで生まれ、フランスを拠点に活動し制作活動をした、キュビスムの創始者として知られるアーティストである。

生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作したと言われ、多作アーティストとして『ギネスブック』にも記載されている。

そんな彼が描いた自画像が年代別にまとめられていた。その作風の変化が驚くほどよくわかる。

初期の作品と後期の作品は、同じ人物が描いたとは思えないほどかけ離れていると感じる人は多いはずだ。だが青年期から晩年の作品を注意深くながめてみると、そこにかすかな共通点があるようにも見える。

とはいえピカソ本人がそれぞれの作品作りで心がけていたのは常に「今」を表現することで、進化や未知の理想的な絵画を目指してはおらず、その手法についても描きたいものを表現できるやりかたを使う、と語っていたという。

そんな言葉を残したピカソの自画像を年齢順に並べたものがこちらだ。絵画に詳しい人もそうじゃない人も、手法の違いなんかを意識しつつ、ちょっと眺めてみてはどうだろうか。もちろん絵画から受ける印象は人それぞれだ。

15歳(1896年)

18歳(1900年)

20歳(1901年)

24歳(1906年)

25歳(1907年)

35歳(1917年)

56歳(1938年)

83歳(1965年)

85歳(1966年)

89歳(1971年)

90歳(1972年6月28日)

90歳(1972年6月30日)

90歳(1972年7月2日)

90歳(1972年7月3日)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス