サリー大学は、ロンドンから電車で約40分のギルフォードという街にあり、2015年5月25日付のイギリス・ガーディアン紙の発表によれば、2016年度大学総合ランキングでケンブリッジ、オックスフォード、セント・アンドリュースについで4位になった大学です。

この大学の看護部門で助産師になるための勉強をしている学生達が、慈善団体への寄付のため、2月初めにベイク・セールを開催しました。ベイク・セールというのはクッキーやケーキ、お菓子を焼いて販売した収益を寄付に充てるもので、欧米の学校やクラブ活動、ボーイスカウトやガールスカウトなどでよく行われるイベントです。

ところが今回、このサリー大学の助産師コースの学生達が作ったケーキが有り得ないほど助産師的というので話題になっています。学生達の力作をご覧になってください。

1. 妊娠判定薬

出典 http://www.getsurrey.co.uk

私も昔はよくお世話になりました。

2. マタニティードレスの上からでも分かる赤ちゃんのキック

出典 http://www.getsurrey.co.uk

嬉しいんだけど、臨月になるにつれて痛いんです。

3. 乳首カップケーキ

出典 http://www.huffingtonpost.co.uk

何人か同じ発想をしたみたいですね。

4. 同じく乳首カップケーキ

出典 http://www.getsurrey.co.uk

前のと違い、多人種混合、形もいろいろ。乳腺のポツポツまで作ってあるところがリアルです。

5. 分娩台のおなかに中からキック

出典 http://www.getsurrey.co.uk

そうでした、こうやってモニターを2つ付けられるんでしたっけ。

6. 子宮と卵巣

出典 http://www.getsurrey.co.uk

いただくのに少し勇気が要るかも…

7. 卵子へと向かう精子の群れ

出典 http://www.huffingtonpost.co.uk

パステルカラーで、まだ男女の別が分からないのでベビーブルーとベビーピンクの足型モチーフをを散りばめてあり、可愛らしいはずなのですが…

8. こちらも卵子へと向かう精子の群れ、カップケーキ編

出典 http://www.dailymail.co.uk

1人、卵子にたどり着いた精子さんが可愛い笑顔でガッツポーズしています。他の精子さんたちの目が虚ろに見えるのは、気のせいでしょうか。

9. 乳房はじめ出産に伴うシンボル3種のカップケーキ

出典 http://www.getsurrey.co.uk

貝のような形のデコレーションは簡単に想像がつきましたが、笑顔のは何だろうと思ったら、まさに生まれおちるその時をかたどったものだそうです。いやー、こんなふうに見えるんだー。私は自分だから見えませんでしたけれど・・・

10. 胎盤

出典 http://www.getsurrey.co.uk

シンプルなつくりながら、すごいインパクト。

実は私は妊娠後期に切迫早産しかかり、自宅で絶対安静になっていた間に看護師の訪問を受けたのですが、その時に出産教室で使う「胎盤の縫いぐるみ」を置き忘れて行かれたことがありました。
かなりリアルな縫いぐるみでしたが、それと良く似ています・・・

この、いただくのに少々勇気のいるケーキ達の売り上げは、死産を経験した人達のサポート団体(SAND)、そして産前産後うつのサポート団体(PANDAS)へ、それぞれ寄付されたそうです。

先に挙げたガーディアン紙での大学ランキングは学生の立場から見た満足度や就職率を中心に位置づけされたもので、大学そのものの研究成果などは考慮の対象外だそうです。
そう聞くと、学生達が単に可愛い綺麗な普通のものでなく、自由奔放なケーキのデザインを選んだのが、なんとなく分かる気がします。

ちなみに、もっと総合的な見地から出されたインディペンデント紙のランキングにおいても2015年度の12位から2016年度は8位に上がってきています。留学生も多く受け入れているそうですし、なんだか親しみが湧いてきます。

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス