コンビニといえば食べ物から生活雑貨まで豊富な品揃えと、24時間営業や銀行ATMの設置など現代の日本人の生活にはなくてはならない存在となっています。

そんなコンビニエンスストアですか、品揃えがかなり偏っている店舗があり話題を呼んでいます。そのコンビニとはセブンイレブン津田沼店。どれだけ商品に偏りがあるのか実際にご覧いただきましょう。

酒、酒、酒

出典 https://twitter.com

いかがでしょうか?コンビニのお酒の品揃えの領域をはるかに超えた商品の数。これは圧巻です。

八海山・真澄・獺祭などの有名なお酒はもちろんのこと、沖縄の名酒『泡盛』に至っては沖縄県の全48蔵中46蔵を取り揃えているそうです・・・。そして、そのすべて店長が全国の酒蔵や地酒の展示会に足を運び、お酒を調達しているとのこだわりぶり。お酒専門のコンビニエンスストアですね。

外観は普通のセブンイレブン

出典 https://www.facebook.com

獺祭のなどお酒ののぼりがありますが、そこを除けば外観は至って普通のセブンイレブンです。

しかし、一歩店内へ足を踏み入れると・・・

このお店、以前は酒屋さんだったようです。このお酒の数を見ればそれも納得ですね。お酒好きの方は一度訪れてみてはいかがでしょうか?普段はお目にかかれない珍しいお酒に出会えるかもしれませんよ。

津田沼店以外にもスゴイ店舗がある

この津田沼店のインパクトもスゴイですが、セブンイレブンにはこの津田沼店に勝るとも劣らない店舗があるのです。

お疲れ様です。
さっちんです。
実は昨日、セブンイレブン松戸小山店さんに行って来ました。
まずセブンイレブン松戸小山店さんを知らない方に同店のご紹介をさせて頂きます。
まずここのセブン

POP、POP、POP

出典 http://ameblo.jp

このセブンイレブン松戸小山店は商品紹介のPOPがすごいんです。まるでヴィ○ッジ・ヴァン○ードのようなPOPが店内を彩っています。ワインの品ぞろえも多いみたいです。

コンビニと聞くと、どのお店も似たようなものという印象を持ってしまいがちですが、各店舗ごとにこだわりがあるのですね。そんな他の店舗との違いを探してみるのも面白いかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス