余裕のあるママはメリハリ上手

出典Patrick Foto/Shutterstock.com

ママは毎日しなければいけないことがいっぱい。だから、家事に育児にすべてに全力を注いでいると、体がいくつあってもたりませんよね。全部を完璧にしようとして、笑顔も余裕もないママになってしまっては本末転倒。

だからこそ、ママにとって大切なのは、力の入れどき、抜きどきのバランスを上手に見極めることなんです。

ママたちの頑張っていること、力を抜いていること

それでは、余裕のある先輩ママたちは、普段どのようにバランスをとっているのでしょうか?

気になったSpotlight編集部では、4人の先輩ママたちに“頑張っていること・力を抜いていること”を聞いてみました。先輩ママたちのリアルな生活を覗き見してみましょう。

1. 休日の過ごし方でメリハリ上手に

♥︎頑張っていること 
平日はネイリストとして働いているので子どもと遊ぶ時間は少なめ。だから休日は、自分の運動不足解消も兼ねて、娘と一緒に動きまわる遊びを選択。走り回って、たくさん笑って、夜は二人でぐっすり。

★力を抜いていること 
余裕がないときは、パパに子どものご飯からお風呂まで全部お任せ!他にも、夜の家事は無理にしないことに。子どもの前で笑顔なママでいられるよう、パパには頼りきっています。

出典(30代/ネイリストママ)

娘さんとの帰り道、新しい友だちができたことやパパと一緒に歌を練習していることなど、たくさんおしゃべりすると、家に着くころには喉もカラカラだというのもうなづけます。

そんなママにオススメしたいのが、帰宅したあとの水分補給。冬の乾燥した屋外にいると、気付かないうちにたくさんの水分を失っているんです。

その乾いた身体には、適度な糖分やミネラルを含んだ、アクエリアスを始めとしたスポーツ飲料で効率よく水分補給することがオススメ。

子どもとのおしゃべりが習慣になっているように、帰宅後の水分補給も習慣化するといいですね。

2. 実家ごはんでみんながハッピー

♥︎頑張っていること 
毎朝、娘にするヘアアレンジ。最近のお気に入りは三つ編みで、寝言でも「みちゅあみ」と言うくらいお気に入り。忙しい朝には手間だけど、娘の笑顔見たさに頑張っています。

★力を抜いていること 
仕事が忙しいときは、近くにある実家を頼っています。大先輩ママの作るごはんは、自分で作るより美味しくて、ときには次の日のお弁当用にもらって帰ることも。

出典(30代/雑貨メーカー勤務ママ)

一手間かけて可愛くしてあげたことで、喜ぶ娘さんの笑顔が目に浮かびますね。そんな忙しい朝に、ヘアアレンジと同じく毎日の習慣にしたいのが、朝の水分補給。

寝ている間に、私たちが失う水分量は約コップ2杯分と言われています。(個人差があります。)

このままでは、1日の始まりがカラカラな状態に。夏と違って、のどの乾きに気付きにくい冬は、この水分不足が風邪の原因になってしまうことも…。

だからこそ、朝起きたときに汗で流れた、水分とミネラルを補えるスポーツ飲料で、効率よく水分補給することが大切なんです。家族みんなでアクエリアスをゴクゴク飲めば、爽やかに1日を始められそうですね。

3. 手間はかかっても“子どもと一緒に”がお約束

♥︎頑張っていること 
料理を一緒に作る時間をとることです。ときには自分だけで作るより時間がかかったり、キッチンが汚れたりしますが…。食事は身体の源になるから、作るところから一緒に楽しんで“食”に触れてもらっています。

★力を抜いていること 
“ばあば”に子どもを預けて、家事お休み日を作っています。掃除や洗濯など家事だけでパツパツな日もあるので、たまには休日を作って友だちに会い、趣味のジョギングを。色々話しながら、余裕を取り戻します。

出典(20代/料理家ママ)

身体を作る食事に注目するあたり、さすが料理家さん。家族で食べる食事は、どんな豪華なレストランにもかなわないはずです。

そんな食事には、もうひとつ重要な役割があります。それが水分補給。人は1日に約2.5L水分を失っているといいます。でも、3食きちんと摂れば、そこで約1Lの水分補給に。

とはいえ、3食摂れないこともありますよね。そんなときの水分補給はどうしたらいいか。一気飲みすればいい、なんて考えいる人はいませんよね?

水分は一気に飲んでも身体が吸収できず出ていってしまうのです。だから、大事なのはこまめに水分補給することなんですよ。

食事に重きを置くように、毎日の水分補給にも照準をあてて健康的な毎日を過ごしてくださいね。

4. 家事を上手に分担し、ラクして楽しく

♥︎頑張っていること 
朝、幼稚園に行くのを泣いて嫌がってた息子に、少しでも登園が楽しくなるように作り始めたお弁当。可愛くて、かつバランスも考えて、苦手な野菜も食べられる工夫をしています。

★力を抜いていること 
休日の家事を上手に分担。パパと子どもたちをキッチンに集めて洗い物担当に。息子たちが部屋で遊んでいると掃除にならないので、子どもたちを一カ所に集めて、しかも洗い物まで終わってるというのはかなり助かるんです。

出典(30代/専業主婦ママ)

写真を見てもわかるように、楽しんで洗い物をしてくれるのはママにとっては大助かり。その間、休む間もなく掃除をしていることには変わりないんですけどね。

冬は家で遊ぶ機会も多いので、散らかし方も半端ないうえに暖房もガンガン。暖かい部屋での掃除は、まるで運動したかのように汗だくに。

そこで重要なのが、やっぱり水分補給です。でも、失われた水分の補給に水を選ぶのは残念ながら効果的ではありません。失われた汗の成分に近い、適度な糖分とミネラルを含んだスポーツ飲料を選ぶのがやっぱり正解♪

とはいえ、せっかく汗をかいたのなら、カロリーも少ないものを飲みたいと思うのが女心。そこでオススメなのがアクエリアス ゼロです。カロリーを気にしがちなママでも、安心して飲めますよ。

どの先輩ママの笑顔も印象的でしたね。今回紹介したような素敵なママになれるよう、明日から頑張ろうと思った方も多いのでは?

とはいえ、何から頑張っていいのか分からないと悩むママは、まず家族の健康を考えて1日5回の水分補給を意識してみるところから始めてみませんか?

頑張りすぎなくても続けられる、1日5回の水分補給

わかりやすく汗をかくわけではない冬でも、私たちは夏場と同じくらいの量の水分を失っているのです。むしろ、積極的に水分補給をしない冬は、夏場以上に体内は水分不足に。

だからこそ冬は、意識的に水分補給をすることがとても大事。

水分補給をするときには、適度な糖分とミネラルが入った「アクエリアス」を始めとしたスポーツ飲料がオススメです。

意識的に…といっても、なにかきっかけがないと忘れてしまいがち。そこで「1日5回」という目安で水分補給を思い出してみませんか?

なぜ5回にわけるかというと、1回の水分補給で体内に吸収される水分量は決まっているので、コップ1杯程度を5回摂ることが、効率的な水分補給に繋がるからなのです。

朝の「おはよう」タイム、家事のあとの一休み、外出からの「おかえり&ただいま」、子どもと一緒のお風呂のあと、そして寝る前など、1日の行動にひもづけて意識してみてはいかがでしょうか。

出典KPG Payless2/Shutterstock.com

余裕のある笑顔なママでいるには、育児も家事もメリハリをつけことがやっぱり大切。

毎日ママをやるのは、とても大変なこと。だから、頑張りすぎなくても続けられる1日5回の水分補給を意識するところから、メリハリ上手なママになってみませんか?

オリラジあっちゃんが歌って踊る、耳に残るリズムが心地いい「水分補給ラップ」動画もご覧下さいね

出典 YouTube

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス