記事提供:秒刊SUNDAY

普段女性から声をかけられることがなく、突如かけられると動揺してしまい、気が動転してついつい、優しく接してしまう筆者でございますが、そんな優しい男性を狙ったスパムは割と昔から存在します。

あの手この手で釣ってくるわけですが、最近は巧妙にも知り合いを装いLINEを使ってきます。いったいどうやって知ったのか。

ということで今回はLINEに来るスパムを紹介します。LINEでどうやって来るかって?それは普通に友達のように「ひさしぶりー」とか「こんばんわ」とか見知らぬ女性がアタックしてきます。

その場で怪しいと気づけばいいのですが、友達も多いとあれ?誰だっけなということになります。

で、詳しくブログとかご丁寧に教えてくれるのでアクセスしてみます。ちなみに、この女性は「ちなみ」さんと名乗っている24歳の方。

―ブログへアクセス

あれれ、ちなみさんはどこへ?どうやら恥ずかしいので別のサイトでプロフィールを公開しているとのこと。

この辺はなんとなーく、ああ(ご察し)ではございますが、今回は調査という目的を達成すべき、最後まで律儀に進みます。

さてこの次へ進むには空メールです。

―空メールを送る

律儀にコピペして送るやつがいるのか?という疑問はさておき、空メールを打つと返信が来ます。しかし携帯のアドレスはウザくなるので、PC用にします。

だが、PC用では受信できないようなので、手間を考え、指定のドメインにアクセス!ドメインを見ていますと…

とある東京の企業。

ということで、ここへ直にアクセスすると…

出ました!バン!出会い系。

長かったのですが、ちなみさんはここへ最終的にランディングさせたかったはずです。(この時点でちなみさんはどこへ)

この後、登録処理を済ませれば無事にスパム地獄の開始となりますが、最近はスパムも巧妙化し、直接お金を請求することはありません。

―別の目的でメアドを収集

昔のようなワンクリック詐欺のようなことはできないので、メアドを収集した業者はそのアドレスをハブとして、ありとあらゆるスパムを送ります。

ここまで登録処理を済ませたユーザは、食いつきがよいといういわゆる貴重な「カモメールアドレス」です。

出会い系、振り込め系、当選しました系、とありとあらゆるスパムメールを送り付けてきます。最終的に何がしたいのかよくわかりませんが、よくあるのが出会い系のポイントをどんどん使わせお金を搾取する系です。

「ちなみさん」を探しているうちに、ポイントがどんどん減り、それを回復するためにお金を払うのです。

ちなみに、「ちなみさん」は40代のオッサンか、botプログラムです。

バーチャルで楽しむ分にはいいのかもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス