個別指導「明光義塾」のキャラクター“サボロー”

口ぐせは「よう、さぼろうぜ」。ふとした拍子に現れて、あの手この手で勉強をさぼらせる“サボロー”は、勉強する子供たちのサボりたい気持ちを擬人化したキャラクターです。

あれ…?でも、なんだか良い奴?

しかし、ネット上では、実はサボローは勉強の邪魔をする存在というより、良い奴なんじゃないかと話題になっています。“最高の友達”なんて言われていますよね。

サボローがいつも邪魔してくる理由って?

そんな中、Twitterユーザーの「44」さん(@ClawLion)さんが、サボローがいつも勉強の邪魔をしてくる理由を妄想した漫画をTwitterに投稿して注目を集めています。

どうやらサボローの両親が登場するようですが…

サボローの父さん“ガンバルゾー”登場

出典 https://twitter.com

お前がさ、頑張りすぎないように!

出典 https://twitter.com

これは…なんだかウルッときちゃいますね…。

そういうことだったのか…。

この漫画を見た人たちは…

泣ける…。

(´;ω;`)ウッ

色んな解釈がありますよね。

ホントそうですよね…。

たしかに…。

頑張り過ぎは良くない…ってことかな?

みなさんも、適度にサボローと付き合って、無理しすぎないようにしましょうね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス