小さいころ、今は憶えていない様な、色々な約束をして来ませんでしたか?中には馬鹿馬鹿しい約束もあったと思います。ただ、そんな何となくした約束を果たすとどうなるのか…。

Twitterユーザーの「アボガド6(‎@avogado6)」さんが語った、小学生の時の約束。その切ない結末と、その事に思いを巡らせる様子に、色々な事を思い出した人たちがしんみりしています。

話題のツイート

・小学2年生の時の約束

2年2組だったころ、22歳になった年の2月22日の22時に校門に集まろうという約束。
きっと似たような約束を何となくしたことがある人も多いのでは無いでしょうか。

結果、その場に行ったアボガド6さんは、誰にも会えなかったというお話。

このツイートで切なくなる人続出

合わせて投稿されたイラストも切なさを加速さています。

憶えていても、「まさかな…」という様な感じで実行に移す人はほぼ居ないかも知れません。

誰も来ない場所で待っている事を想像したら、涙腺がヤバイですね。

きっと、色々な約束を忘れてしまっているのでしょうね。

このツイートを呼び水に、みんな色々思い出す

・同じような約束をしていた

憶えていても行かない。仕方ないですよね。

・成人式の日に…

成人式という約束は覚えていそうで、その後も同じような約束で上塗りされそうですね。

・タイムカプセル

やったのかも知れないですし、やってないのかも知れない。
それくらい曖昧な思い出になってしまうのも仕方ない事。

・顔や声を思い出せない

名前は憶えていても、なぜかアダ名やその当時の呼び方を忘れてしまうこともあります。

・手紙が来ない

それは来ないと困る。

・その時になったら勝ち誇る

まだまだこれからの人も。
でも意外とその時になったら忘れてしまっているかも知れません。

きっと、約束を覚えている人の方が少なく、
且つ、憶えていたとしても実行する人なんてほとんど居ないと思います。
それが当然なのかも知れませんが、やっぱり切ないですし、ちょっと寂しいですね。

これからそういう機会がある方は、ダメ元で行動してみてはいかがでしょう。
もし誰かと再会出来たら、きっと一生の思い出になるはずですから。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス