数々の行事で歌われる学校ごとに伝わる校歌や応援歌

Licensed by gettyimages ®

人生で一度きりの学園生活。

そんな学生の頃を振り返ってみると、ふと思い出すのが、その学校の校歌や応援歌。

入学式や卒業式、スポーツ大会など、数々の行事で歌われる学校ごとに伝わる伝統ある校歌や応援歌ですが、現在ツイッターでは”ある高校に伝わる応援歌の歌詞”に注目が集まっているようです。

ツイッターユーザーの金杉孝広(‎@kinsugi1226)さんが『普通に歌わされてたけどやっぱり三番訳わからん』として投稿したのは新潟高等学校に伝わる応援歌「丈夫」の歌詞。

一番、二番は良いとして三番の歌詞を見てみるとそこには「青山、青山、青山…」の文字…。

青山が一体どうしたというのか…。

この青山を推しまくる応援歌の三番の歌詞にはこれでもかと言わんほどの青山『「WOW WOW」的な事なのか…』など、ツイッターからは多くの疑問の声が寄せられているようです。

実際に歌っていた人たちも不思議だったらしい…

Licensed by gettyimages ®

青山、青山、青山…

新潟高等学校の生徒達も不思議だったというこの応援歌「丈夫」の歌詞。

なんでも手拍子つきで反りながら歌う伝統があるんだそうです。

しかしながら、卒業後も絶対に忘れられないほどの強いインパクトを持つこの応援歌ですが、歌詞は覚えていても、やっぱり意味は分からなかったみたいです。

しかし、そんななかついに”青山の意味”を知っているという声が!

ツイッターユーザーの琳‎(@schwartzkatze)さんの投稿によると、なんでも”青山”というのは、新潟高校のある場所の俗称だったんだとか。

青山がちょっと多い気はしますが、とにかくこの”青山”というワードには新潟高校がそびえるこの場所そのものへの強い思いが込められていたようです。

謎が謎を呼びツイッターがどよめくことになった新潟高校に伝わる応援歌「丈夫」。

実は三番の歌詞にもきちんとした意味が込められていたんですね。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス