出典 https://doctors-me.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「美肌をキープすること」は何歳になっても永遠のテーマですよね!
冬場は、寒くなって空気も乾燥するために、美肌キープのためには特に気を付けたい季節です。

本日は、「日常に取り入れたい美肌に近づく新習慣」について医師に聞いてみました!

日常の意識を変えることこそ美肌への第一歩

美肌になるために最も重要なのは、なんといっても生活習慣。高い化粧水やコスメラインの使用、週に1回のエステマッサージも良いけれど、一番大切なことは体の内側から綺麗に変えていくこと。次の3つを参考に、ぜひあなたのライフスタイルと向き合ってみてください。

1:喫煙者は禁煙。吸わない人は、副流煙のある場所を極力避ける。

百害あって一利なし! 美肌にとっても大敵のタバコ。煙は、ビタミンCを壊すという、体にとってマイナスの働きがあるため、喫煙者は常にビタミン不足の状態。そうすると、

・肌荒れ
・乾燥
・ニキビ

などの大きな原因となります。

いっぽう、タバコを吸わない人でも、副流煙による影響も大きく、居酒屋やBARなど、全面禁煙でない場所では、タバコの煙を知らずに吸ってしまっている事も…。副流煙は、タバコを吸っているのと同じく有害なため、可能な限り、このような場所に行く機会を減らしてみましょう。

2:朝起きたら1杯の白湯を飲む。

寝ている間も水分は、汗と一緒に体から失われています。起きた時は水分不足の状態です。これを放置してしまうと、お肌の水分不足にも繋がり、潤いのない肌質になってしまうので、起きぬけは、常温かもしくは温かい白湯を飲みましょう。体の内側から温まるので、血行促進にも繋がります。

3:緑黄色野菜を毎日食べる。

野菜不足の生活は、肌荒れに直結します。特に、

・トマト
・ニンジン
・ブロッコリー
・ほうれん草

などの緑黄色野菜は、ベータカロチンが豊富に含まれていて、美肌に良いといわれています。また、毎日食物繊維を豊富に摂ることで、便秘解消に繋がるので、ニキビや肌荒れの改善にも◎。

≪気づけば肌荒れがひどくなっている…あなたの生活習慣は大丈夫?≫
肌荒れ、カサカサ、ニキビ、たるみ、シワ…肌トラブルの原因を調べてみよう

【医師からのアドバイス】

いかがでしたか? 少しの意識で、今すぐ実践できる簡単な方法ばかりですが、どれも美肌に近づく大切なものです。

美肌を保つために、毎日の生活を見直してこれからも努力していきましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス