髪をアップにするのって難しい。そんな人におすすめなのが、「ギブソンタック」です。

ギブソンタックは低めの位置で髪をまとめるヘアアレンジのこと。髪を内側に織り込んでコンパクトにまとめます。

簡単なやり方なので3分程で完成しますし、凝ったアレンジに見えるところもGOOD! 普段のファッションにも、浴衣やお呼ばれした時のワンピースコーデにも合いますよ。

ギブソンタックのやり方を覚えれば、今まで難しくて敬遠していたアップヘアのアレンジも楽しくなりそう♡ それでは早速、やり方をチェックしていきましょう。

■簡単!ギブソンタックのやり方は、髪を結んでくるくるくる

まずはゴムで髪を束ねます。低めの位置で太めのしっかりとしたヘアゴムで止めると安定します。

一度くるりんぱをします。(結び目の上をふたつに割り、その割ってできた穴の中に毛先を入れます。)

くるりんぱした後、すべての髪を持って、先ほどの結び目の中に丸めながら入れていきます。

くるくると中に織り込みます。髪をピンで固定しながら入れこむと安定します。短い髪がぴょんっと出てきてしまう場合もピンで止めたり、ワックスやスプレーで飛び出さないように馴染ませます。

このように全部入れ込めばあっという間にまとまります!

最後に好きなヘアアクセサリーをつけて完成です! バレッタやパールピン、浴衣の時はかんざしなんかもおすすめです!

ここまで3分程であっという間に簡単に出来ます。

■ギブソンタックはやり方いろいろ。髪が短い人はハーフアップからでもOK

その他のやり方として、ハーフアップから始める方法もあります。

耳よりも上の髪の毛をゴムでまとめ、ハーフアップにします。

ハーフアップの部分を先程と同様にくるりんぱします。

すべての髪を結び目の中に織り込み、くるくると巻き付けていきます。ピンで固定します。

どちらのやり方にしても要領は同じです。髪の長い人は1つ結び、短めの人はハーフアップから始めると上手くいきます。

また、顔周りの髪だけ残しておくのもおすすめですよ。顔周りの髪を巻くと顔周りに華やかさをアップさせてくれます。

簡単にできるギブソンタックのやり方を覚えて、日々のアレンジのレパートリーに加えてみてください。


今回はアップヘアにしましたが、髪をすべてまとめずに襟足だけ残したりすれば、また違ったニュアンスのアレンジにもなるので自分の好みのギブソンタックを見つけてみてくださいね♡(友里)

この記事を書いたユーザー

nosh編集部 このユーザーの他の記事を見る

TBSによる女の子のための情報サイト。ナッシュは間食するという意味です。ファッションも美容も恋愛も、全部イイトコドリしたい女の子のために、ちょっと為になる情報をお届けします♡

nosh.media

得意ジャンル
  • 音楽
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら