本を読んでいるとき、声は聞こえますか?

Licensed by gettyimages ®

その声はひとつですか?アニメや吹き替え映画のように、いろいろな声がしますか?人によって、声が聞こえる人とそうじゃない人がいることがわかったそうです。

82.5%のユーザーが「読書中に内なる声が聞こえる」と主張していることが判明しました。10.6%のユーザーは「内なる声は聞こえない」と反論していて、声が聞こえると回答したユーザーのうち13%は、本の内容にどれだけ興味を持っているかなどの要因によって声が聞こえる時と聞こえない時があると回答していたそうです

出典 http://gigazine.net

私は聞こえます。ニュースや評論の声、小説の登場人物の声・・・いろいろわけているような気がします。

みなさんはどうでしょう?

Licensed by gettyimages ®

みなさんは聞こえていますか?twitterでは、聞こえる派が多いようですが・・・

海外の翻訳ミステリーは、海ドラの吹き替え声優さんの声がしたりしませんか?

京極夏彦さんの本人って、なんだか素敵です。表にでてくる作家さんだと、こういうこともあるのですね。

機械的な文章用の声ってありますね。

声と映像と・・・なんか混ざったようなもの、とする方もいますね。

映像が見えるというタイプも

その映像がちゃんと動く人も、写真のようなイメージの人もいそうですね。

考え事で脳内会議!ドラマのようですが、そういう方もいらっしゃるんですね

声が聞こえると、読むのは遅い?

Licensed by gettyimages ®

声や映像で再生される場合、速読は難しいのでしょうか?私自身は、小説だと1冊半日~一日もあれば読み終わるスピードくらいです。ニュース記事や論文などを読むときは、倍から三倍くらいのスピードです。

その違いは、やはり声やイメージを楽しんでいるかどうか・・・かと思います。

映像を二倍速くらいで動かすことはできますよね。

どうしても消せないという方も

切り替えられるといいかもしれませんね

速読のジャマになるかもしれません。

なぜ、声が聞こえるの?

Licensed by gettyimages ®

文字というのは、人間にしかない文化です。その文字を獲得する段階として、どうも音声化が必要なようなのです。たしかに、子供って「読み聞かせ」→「音読」→「黙読」の順に進化しますよね。

音読させると、その子どもがどのように本を読んでいるかが、すぐに分かります。また、音読によって本を読むときに目で字を追いながら音声を聞く習慣が身につきます。

高学年になると読み取りが中心となり音読よりももっぱら黙読する方向に移行していきます。人間は言語情報を音声に変えることにより悩(ウェルケニッケ言語中枢)へ送っています。

当然、黙読となると音声は入ってきませんから、情報伝達はなされません。低学年の子どもは、文章を読むのにブツブツひとりごとのように言って読みます。これは文章を黙読では頭の中にインプットできないので、音読して文章を音声化していることにほかなりません。

出典 http://dokusho-club.com

子供の音読を(なるべく)妨げてはいけないんですね!「声が聞こえない」「映像なんて見えない」と感じる方は、音読を始めてみるといいかもしれませんね。

味や、ニオイや、BGMや・・・

Licensed by gettyimages ®

ほんとうに面白い本を読んでいるとき、私はその世界に存在して、いろいろなところへ行き、触れ、質感や重み、味やニオイ、風の音や人の気配を感じることもあります。まるで、本に吸い込まれたみたいに。

その状態は長くは続かないのですが、その状態にまで連れて行ってくれる本は、(私にとって)傑作に間違いないと思っています。

声はなくて、雰囲気を味わう・・・ふだんのお人柄も、なんだか超然としていらっしゃるのではないでしょうか。

文字自体に質感があるという方も!

味のわかる絵本、風が出る絵本・・・・

出典 http://www.amazon.co.jp

いろいろな絵本を読んでくれる先生のお話。子供たちに読書の楽しさを教えてあげられそうですね。

幼少期の自由な遊びや会話が抽象的な思考の基礎となると考えられています。幼少期の経験不足が原因で9~10歳頃に突然学習が進みにくくなる現象が「9歳の峠」や「10歳の壁」と呼ばれており、特に聴覚障害児は10歳以降の学習が困難になる、と以下の書籍に詳しく記されています。

出典 http://gigazine.net

味やニオイ、空気感など、すべては脳の中で起こる錯覚なのですから、夢と同じで「経験」や「体験」を基にしたものになります。子供たちには、いろいろな経験や体験をもたせてあげたいですね。

「楽しむ読書」を強化する場合、まさに「味わって」読むため、声が聞こえたり映像が見えたりすることでより楽しめることが多くなりそうです。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス