すぐに売切れてしまう人気アーティストのコンサート

Licensed by gettyimages ®

自分の好きなアーティストのコンサートってすごく楽しみなものです。

しかし、それが人気のあるアーティストだと発売後すぐにSOLD OUT。

泣く泣く諦めるしかない状況でインターネットのオークションサイトを見てみると、すでに売切れのはずのチケットが山の様に出品されています。

転売目的によって大量に購入され、高値で取引されるチケットたち。

現在、ツイッターでは転売されたチケットを購入したことで起こる悲劇が話題になっているようです。

ツイッターユーザーの天使そら‎(@msspol9)さんが投稿したこちらの画像。

なんと会場の座席には「こちらはオークション出品及び転売が確認された無効座席です」との貼り紙が…。

近年では、ネット転売やダフ屋対策として、興業者側の規約により「正規の売買でないチケットは無効」とされていることの多いコンサートのチケット。

この”購入しても使えなくする”といった処置について、ネットからは「これは素晴らしいアイデア!!!!」購入者を無くすことだからよく考えられているなど、興業者側の取組みに賛同する声が多く寄せられているようです。

一方で、ファンにだけ負担が圧し掛かってしまうことに対する不公平感もあるみたい

Licensed by gettyimages ®

しかし、正規の手段でチケットが手に入らなかった場合、転売されたチケットに手を出すしかコンサートに行く手段がないファン達。

興行主側はもちろん、転売している人たちへの負担がないまま、購入者にのみ負担が圧し掛かってしまうことに不公平感を抱く人たちも少なくないみたい。

多くの賛同の声があがる一方で、「転売してる人に対してアクションすべき」「払い戻しの準備をしてからやってくれといった声もあるようです。

年々厳しくなっているように思える興行主側のチケットの転売対策。

仕方のないことなのかもしれませんが、行きたくても行けない人が居るなか、こういったかたちであれ空席が出てしまうのはなんだか残念な気もします。

「いたちごっこ」の状態が続くなか、誰かが負担を強いられるこの問題。

興行主側にも、もう一歩踏み込んだ対応を期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス