記事提供:子ある日和

2月末。認可保育園の入所可否が決まる頃です。4月からの職場復帰に向け、保育園の確保は絶対必須条件。

「不承諾通知」を受け取ってしまったママの頭の中は、今パニック状態なのではないでしょうか?

そこで今回は、「不承諾通知」を受け取ってしまったママのために、今出来ることについてまとめてみたいと思います。

まずは職場に連絡!

まずは、「不承諾通知」を受け取ったことを、職場に連絡しましょう企業によっては、最長1年6ヶ月まで育児休暇を延長できるところもあります。

まずは、「認可外保育園」を探してはみるが、ダメだった場合どのような可能性があるかについて、職場と相談すると良いでしょう。

認可外保育園を探す

認可保育園だけが保育所ではではありません。本来であれば、認可保育園がダメだった場合のために、事前に認可外の見学だけでも行っておくことがベストですが、今はそんなことを言っている場合ではありません。

とにかく、お子さんのために少しでも良い環境の保育所を探すことが先決です。

自宅近辺には見つからない場合は、職場付近、また実家の近くなどの保育所を検討するなど、方法はいくらでもあります。

まずは諦めず、幾つかの保育園を見学し、気に入った園があれば、申し込みをすると良いでしょう。

認証保育所・無認可保育所も既に順番待ちである可能性はありますが、順番待ちしている方の中には、他の保育園も平行して申し込んでいる人も多いため、意外と早く入園できてしまうこともあります。

また、一旦、認証保育・認可外保育に預けていると、保育所申し込みの時の点数に加算されるため、次年度の募集に有利と言うメリットもあります。

保育ママ、または一時保育所、幼稚園のプレなどを検討する

認証保育所・無認可保育所がダメな場合は、保育ママ、一時保育所、幼稚園のプレなどを利用する方法もあります。

一時保育所、幼稚園のプレの場合は、週の利用時間が決められていたり、また週に3日など曜日が決められている場合もあります。

その場合は、職場に働き方を相談するか、もしくは別の働き方を選択するなどしなくてはなりません。

実家を頼る

認証保育園などの入所が決まるまでは、実家のご両親に育児のサポートをお願いする方法もあります。

また、中には実家近所に引越しをするというご家庭もあります。まずは、ご両親・義実家に相談してみてはいかがでしょうか?

二次募集に申し込む

上記の手段は、認可外に落ちてしまったときにしなくてはいけない手順ではありますが、認可に落ちたからと言っても、まだ二次募集があることを忘れてはいけません。

住んでいる自治体によっては、一時募集の応募がそのまま二次募集の申し込みまでを兼ねている場合もありますが、そうではない場合もあるため、まずは各自治体の二次募集の概要について、調べてみましょう。

職場によっては、3月に異動を発表する企業も多いため、認可に通ったといってもやむなく引越しをしなくてはいけないご家庭もあります。諦めず、二次募集を申し込んでみましょう。

まとめ

仕事を持っているお母さんにとって、保育所が確保できるかどうかは一大事です。認可保育園に落ちてしまったからと言って、落ち込んでいる場合ではありません。

とにかく、お子さんのために、またご自身のために、情報収集し、動いてみることが重要です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス