記事提供:Techinsight

来月で50歳になるタレントのRIKACOは今年、ゴルフを再開し冬場ではあるがよくコースに出ているという。体を動かすことが大好きで長年続けている筋トレやヨガに加え、ここ1年は食生活を見直すなどして体質改善にも取り組んできた。

現在のRIKACOは心身ともに健康な状態で、毎日の生活を楽しんでいる。

2月23日の『RIKACOオフィシャルブログ』には真っ青な空の下、ゴルフクラブを片手にグリーンでポーズをとるRIKACOの姿がある。彼女は身長168cm、体重50kgだが、数値が長年変わらないのは週に何度かのジム通いと和食中心の食生活が功を奏しているからだという。

だが寒い季節になると“体の冷え”に悩み、冬に外でゴルフなど以前は考えられなかったらしい。

そんな彼女がここ1年で実践したのが、小麦粉とグルテンを出来るだけ避けた食生活だ。RIKACOによると、パンやパスタは基本的に体を冷やし太りやすい体質を作ってしまうので、口にするのを避けるようにしたという。

またパンを加工するトランス脂肪酸は“攻撃的でイライラした性格になる”と言われているそうで、RIKACOは「私にとっては避けたい食材」だと認識しなるべく食べないように努力したらしい。

その成果なのか、2月の野外で長時間過ごしても、これまでのように体の芯から冷えを感じて震えが止まらないといった症状が出なくなってきた。

また先日、元夫で俳優の渡部篤郎の再婚報道についてテレビ番組で感想を求められた彼女は、「すごく祝福したい」と余裕の笑顔を見せている。

離婚から10年が過ぎ、2人の息子も大きくなり、昨年は一緒に暮らしていた最愛の母親を見送ったRIKACO。人生の積み重ねが彼女に変化をもたらせ、食生活の見直しが心身の安定にプラスとなっているようだ。

出典:RIKACOオフィシャルHP

権利侵害申告はこちら