記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
人には言わないけど痔(じ)に悩む女性は多いのでは、と思います。
軽い症状であれば薬局で買う軟膏で治ることもありますが、悪化すると日常生活にも支障をきたしかねません。

今回は「女性と痔」について、原因と予防方法を中心に医師に解説してもらいました。

女性が痔になりやすい理由は?

特に女性は「切れ痔」になることが多いと考えられています。

理由のひとつは、便秘に悩まされる女性が多いことがあげられます。
便秘になると、便が体内に長時間貯留されます。するとスムーズに排便ができなくなり、いきむことによって肛門の部分には大きな力がかかります。その力により肛門部分が切れて出血する、いわゆる「切れ痔」になると考えられます。

特に女性は、生理中や生理前にプロゲステロンと呼ばれるホルモンが増えます。そのホルモンバランスの関係から体内に水分を貯留しやすく、便が固くなったり腸の動きが悪くなったりして便秘をきたしやすいです。そのため、女性は切れ痔になりやすいとも考えられています。

妊娠・出産も痔になるきっかけ?

女性が痔になる大きなきっかけとして忘れてはいけないのが、妊娠および出産です。

これは、妊娠による身体の変化が大きく関係しています。
特に妊娠後期に入ると、お腹だけが目立って大きくなるようになります。この体形の変化は痔に関係する肛門付近に強く負担をかけてしまいます。

さらに、妊娠中は妊娠を継続させるために、生理前と同じくプロゲステロンというホルモンが多量に分泌されます。生理前、便秘になりやすいことと同様に、妊娠中もホルモンの関係で便秘になりやすいです。

妊娠中は体系の変化による肛門付近の負荷と便秘のダブルパンチで、痔をお持ちの方が増えてしまうと考えられています。

女性の痔と便秘、切っても切れないカンケイ

女性に多い切れ痔を改善する重要なポイントは、便秘を解消することです。
便通の状態をよくして、肛門部に無理な力がかからないように気をつけるといいですね。

便秘を解消させるように水分食物繊維を意識的に摂り、適度な運動を心がけましょう。
「便秘かな」と思ったら、便がカチカチに固くならないうちに対策をはじめることが大切です。ときには便秘薬を飲んで早めにリセットしたほうがよい場合もあります。


≪日本人の3人に1人が患っている「痔」≫
良い便通生活送っていますか?【痔になりやすさ】を診断してみる

医師からのアドバイス

最近では、トイレを我慢したり水分摂取量の少ない若い女性が多くいると聞きます。便秘が習慣化して、かなりいきんでも固い便が少量しか出ない……といった状態ではなかなか痔もよくなりません。

しばらく便秘に気を付けて生活してもよくならないようであれば、肛門科など痔に詳しい医療機関に相談するといいと思います。忙しいから、と痔や便秘を放置しすぎないように注意してくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス