記事提供:まぐまぐニュース!

今や日本で知らない人はいないとも言われるアイドルグループAKB48ですが、総監督を務めた高橋みなみさんが、その経験からリーダー論を語る書籍を出版し話題となっています。

毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』では、ビジネスマンにとっても学ぶべきポイントが多いとし、「アイドル本だと思って侮るなかれ」と絶賛しています。

リーダー論』高橋みなみ・著 講談社

こんにちは、土井英司です。

名著『ビジョナリー・カンパニー2』には、「第五水準の指導者」という概念が出てきます。

これは「謙虚だが意思が強く、控えめだが大胆」なリーダーのことで、同書にはこの指導者の性格がわかる一文が紹介されています。

ある第五水準の指導者はこう語っている。「いつか自宅のベランダから世界有数の偉大な企業の本社をながめて、以前はあそこで働いていたんだと言えるようになりたい」

出典『ビジョナリー・カンパニー2』

第五水準の指導者は、自分のためではなく組織のために野心を持ち、組織のために後継者を育て、自らは退くのです。

なかなかこういうリーダーにお目にかかれるものではありませんが、最近、思いがけずリーダーシップについて気づかされた本があったので、本日はそれをご紹介します。

本日の1冊は、AKB48グループ総監督を務めた高橋みなみさんが、リーダー論を語った1冊。

発売直後から売れ続けていますが、読んでみて、その理由がよくわかった気がします。

一番になれなくても腐らず、人の支援をする「リーダー」のポジションを取った著者が、チームメンバーとどう向き合い、チームをまとめていったか。

お恥ずかしながら、気づかされることがたくさんありました。

・アドバイスとは、選択肢を増やすこと
・叱るときには逃げ道を作ってあげる
・リーダーが孤独でいないと、みんなと平等な距離が取れない

いまでもできていないときが多々あるので、本当に勉強になりました。

たかみな流スピーチ術も秀逸

さっそく、ポイントをチェックしていきましょう。

◆10年間グループにい続けた理由
1.AKB48のことが本当に大好きになったから
2.ファンの方を悲しませたくなかったから
3.私には才能がないから

出典『リーダー論』高橋みなみ

まずはメンバーたちと向き合って、きちんとひとりひとりのことを理解すること、信頼関係を築くことが大切

私は、誰もが自分の人生の主人公であるべきだと思うんです。でも、すべての人生が、「センターという主人公」の物語ではありません。私が主人公になれるのは、別の物語だったんです

チームのことが好きで、みんなを引っ張りたい、という強い気持ちがあればいい。その気持ちを、ちゃんと行動に移せばいい。だから――。誰でもリーダーになれる

チームのメンバーにとって、いいリーダーとは、どういう人か。それは、「自分のために」何かしてくれる人だと思います。

「チームのために」頑張ってくれる姿ももちろん立派ですが、それって結局、他人事になっちゃうんですよね。

「自分のために」頑張ってくれているんだ、「自分を見てくれているんだ」という信頼感がないと、いいリーダーとは思われない

出典『リーダー論』高橋みなみ

その人がいいことをしたならば、誰よりも早く褒めてあげたいです。

でも、もしもダメなところを見つけたら、その子といい関係性を築いてから、「ここはこうしたほうがいいんじゃない?」と伝えるようにしています

悩んでいる子は、目立つ場所にはいなかったりします。楽屋の隅っこで、ひとりでふさぎこんでいる。

そんな自分のことを気付いてくれたというだけでも、その子にとっては嬉しいと思うんですよ。昔の私が、そうでしたから

選択肢を増やしてあげること、心のスペースを広げてあげることが、私が思う「いいアドバイス」です

みんなを友達に、みんなを家族に、みんなを幸せにしたいならば、平等でいなければいけない。その「黄金の比率」を、リーダーは守らなければいけない

スピーチの結末では、どんな言葉がふさわしいでしょうか? 場合にもよりますが、私はやっぱり、明るい「未来」に向かって進んでいくような言葉だと思います

出典『リーダー論』高橋みなみ

リーダー論はもちろん読み応えがありますが、本書ではこのほか、チームやお客様をまとめるためのスピーチ術についてもまとめられており、実際のスピーチ原稿にチェックポイントをつけて解説した部分は、特に参考になりました。

アイドル本と思って侮ることなかれ

経営者・マネジャーにぜひ読んでいただきたい1冊です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス