記事提供:子ある日和

繰り返す赤ちゃんの咳や鼻水、見ていてとても辛そうですよね。

悪化するとなかなか寝付けなかったり、夜何度も目を覚ましたりと、睡眠の妨げにもなります。

咳や鼻水が出始めたら、悪化しないように早め早めに対処する事が大切です。

病院で薬を貰うのもいいですが、薬でむやみに止めてしまうのも逆効果なので、初期の段階ではホームケアがおすすめです。自宅で簡単に出来るケアをいくつか紹介します。

赤ちゃん、子供の咳に効果的。とにかく加湿

部屋の中が乾燥すると咳や鼻水が悪化してしまうので、加湿器などを使っていつも適度な湿度を保つようにして下さい。

加湿器がない場合でも、洗面器などの深くて広いものにお湯をはったり、洗濯物を部屋干しするだけでも随分違います。

加湿器を使う場合はこまめにお水を入れ替え、清潔な状態を保つようにしましょう。

赤ちゃんの鼻の中が乾燥していて鼻水が固まっているような症状の時は、鼻の下に温かく湿らせたガーゼやタオルをあててあげると鼻の通りが改善され呼吸も少し楽になります。

赤ちゃん、子どもの夜中の咳には置き玉ねぎ

玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分は、神経の沈静化や不眠症の改善に効果があると言われており、夜中に咳き込んでなかなか眠れないという時に効果を発揮してくれます。

また、血行促進作用によって体温を上げたり発汗を促すので、風邪で熱っぽい時にもおすすめです。

置き方は至ってシンプルで、皮を向いた玉ねぎを縦半分に切り、器に入れて枕元に置いて寝るだけです。

我が家の子供達もよく咳や鼻水に悩まされるのですが、この「置きたまねぎ」は良く効いてくれます。

ただ、結構な玉ねぎ臭がするので、気になる人はラップを器に半分かけて臭いを抑えて下さい。

赤ちゃん、子どもの寝かせ方を変える

鼻水も咳も、頭の位置が低い状態だと出やすくなります

咳が出て辛そうな時は痰が切れやすいように、一旦抱き上げるか座らせて背中をさすってあげましょう。

また、寝かせる時に頭や上半身を高くすると咳も鼻水も出にくくなります。枕やクッションを使って楽な姿勢にしてあげてください。

赤ちゃん、子どもの鼻水はこまめに取る

鼻水を放置しておくと、その中の菌が耳へ移行して中耳炎になる可能性があります。

また、鼻水が下へ流れて痰が絡み、咳もひどくなってしまうのです。鼻水が出だしたら、とにかくこまめに取ってあげることが大切なのです。

市販の鼻水吸引器を使うと簡単に鼻水を取ることができますよ。耳鼻科を受診して専用の機械で鼻水を吸ってもらってもいいですね。

咳や鼻水のトラブルは子どもが小さいうちは繰り返すので親も大変です。しかし、こういった軽い風邪症状の場合はむやみに薬で止めてしまうと、免疫力が低下してしまいます。

あまり薬に頼らず、自宅でこまめにケアをしてあげることで、強い体作りに繋がりますよ。

是非お試しくださいね。

権利侵害申告はこちら