記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
献血、したことがありますか?経験のない方も、さまざまなところで「献血募集」の呼びかけを見かけたり「献血ルーム」の案内を目にしたことがあるかもしれません。

ところで、どうやって献血を受けるのか、献血された血はどうやって必要な人に届くのか、疑問がいっぱいの人もいるのではないでしょうか。

今回は、献血について、医師に話を聞きました。

献血ルーム、献血センターで献血する流れ

献血できる対象の年齢は、16~69歳です。
献血は献血ルームやセンター、あるいは献血バスでも実施されています。当日の体調、医師の問診などで献血を受けてもいいかの判断があり、献血が可能であれば、腕に細い針を刺して、採血が行われます。

≪献血の種類≫
献血には全血献血と成分献血の2種類があります。
全血献血・・・全血献血とは、血液中のすべての成分を献血する方法。
成分献血・・・成分採血装置を使って、血液中の特定の成分だけを採血する方法。

≪献血にかかる時間は?≫
受ける献血の種類によって異なります。
全血献血・・・200mLや400mLの献血では10~15分。
成分献血・・・40~90分程度の時間がかかります。

≪献血中の過ごし方は?≫
採血はベッドで寝た状態や楽な体勢で行われることが多く、長くかかる場合はDVDを見られる施設もあります。また、お茶やジュース、お菓子など無料で食べたり飲んだりできるところも多いです。
終わったら止血をして、帰宅できます。検査結果は項目により、後日もらえます。

採血された血液はどうなるの?

血で採血された血液は各地の血液センターに運ばれ、以下のような検査が行われます。
・血液型検査
・感染症の抗原、抗体検査
・生化学検査

さらに感染症対策のため、より精密な検査(核酸増幅検査(NAT)と言います)を行います。その日のうちに東京や北海道など全国4ヶ所のNAT施設に運ばれてウイルスチェックがされます。
・B型、C型肝炎を起こすHBV、HCV
・HIV など

検査の結果、問題と判断された血液は、赤血球や血小板、血しょうなど成分ごとに分離されて「血液製剤」になります。
血液製剤は冷蔵庫や冷凍庫など適切な温度下で保管されます。病院から「輸血が必要な患者がいる」という連絡が入ってから、血液が運ばれます。血液の運送は24時間365日対応の体制となっています。

血液製剤の保存期間

分離された血液製剤は、それぞれ保存期間が決まっています。
特に血小板製剤は有効期間は短く、採血後わずか4日間です。そのため、1年を通して多くの人に献血をしてもらうことが必要となります。

血液製剤は、白血病やさまざまな臓器のがん治療に使われることが多いです。
病気や外傷、手術などで血液の様々な成分が足りなくなり、循環不全などが起きて命の危険のある人にとって、輸血や成分輸血による治療は不可欠なのです。

献血のできない人とは?

感染を防ぐため、献血はだれでもできるわけではありません。

以下のような人は献血できません。
・体調不良の人
・発熱してる人
・抜歯や歯石除去、出血する歯科治療から3日以内の人
・過去6ヶ月間にピアスを開けたり、刺青を入れたりした人
・海外からの帰国後1ヶ月以内の人
・心臓病などの既往がある人
・輸血歴がある人
・不特定や、新たな異性または同性との性的接触がある人
・妊娠中や授乳中の人

《侮ってはいけない貧血…肺や心臓に負担をかけてしまうことも》
いくつ当てはまる?【貧血】チェック!

【医師からのアドバイス】

献血で集められた血液は、必要な人の元へ運ばれます。

献血ルームではマッサージなどさまざまなイベントが定期的に行われていて、リラックス雰囲気で、楽しんで参加できるよう工夫されているので、興味のある方はボランティアとして参加してみてもいいかもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス