「子供をほめられない」と悩む親は多い

多くの親は「子供をほめた方がいい」とわかっていますが…

子どもに対して、きつい言葉ばかり言ってしまいます

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

頭でわかっていても、実践できないことが多いのです。

子どもの寝顔を見て「ああ、今日も“褒めて”あげられなかった」「むしろたくさん叱ってしまった……」と反省することってありますよね

出典 http://itmama.jp

そして、自己嫌悪に陥ることもあります。

・「できないこと」に目がいく

なかなか「ほめられない」理由ですが…

テストでは間違った箇所に真っ赤なペンでバツを付けられます

出典 http://itmama.jp

もともと人には、ネガティブなことに対して目が行く、という性質があります。

肯定的な言葉をかけてくれればよいのですが、たいていは点数が悪かったことを注意し、ミスした箇所をやり直すように指示してしまう親が大半です

出典 http://itmama.jp

たとえば、できたことよりも、できなかったことに目が行きます。

子供のテストでは、(多くの親は)できたことを評価するよりも、できなかったことを注意する、という行動を選びます。その方が、自分にとっては自然だからです。

何に対しても「消極的」

親にほめられなかった子供は、消極的になります。

極的な大人には、子供のころ、親から頻繁に叱られたケースが多い傾向があります

出典 https://happylifestyle.com

ほめられない+叱られる、というパターンになりがちです。

人に褒められても、その言葉を受け入れられず困惑してしまう大人になります

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

親にほめられなかった子供は、「ほめ」を素直に受け取れなくなってしまいます。

消極的あるいはかたくなに努力をし自分を解放できない人になってしまうでしょう

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

消極的になり、「自分を解放できない人」になってしまいます。自らまわりと壁を作ってしまい、自分の殻に閉じこもる…というイメージですね。残念な感じになります。


自己肯定感がない

自己肯定感を持てなくなってしまいます。

ものすごく自己評価が低い

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

自己評価がとても低い、ということですね。

自己肯定感のない子どもたちが多い。認めてもらいたいから、保健室に来てる

出典 http://www.takatori-shizuka.com

用もないのに学校の保健室に行く子供は、認めてもらいたいから、そうするそうです。

頑張っても頑張っても、いつもその位当たり前だ、もっと頑張れと言われ、認められる事はなかったです。忙しいからと話を聴いてくれることもなかった

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

自己肯定感を持てなければ、問題になります。

自己評価が低く、自分に自信を持てない、ということになるからです。自分に自信が持てなければ、発言や行動を躊躇するようになります。また、精神的にも、「まわりからどう思われているのか」ということが気になって、安定しません。

ほめられない親には問題がある

ほめられない親に、問題があるケースがあります。

私自身、自分のことが好きではなく見栄っ張りです…

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

ほめられない親は、自分自身の自己肯定感が低かったりします。

結局のところ親から与えられたものと同じことをしてしまうのが人間です

出典 http://itmama.jp

親も、自分の親からほめられた経験がない場合があります。

あなたが親から叱られ続け、ダメ出しばかりされていたら、褒め方がわからなかったり、苦手になってしまうのは当然のことなのです

出典 http://itmama.jp

自分の親からほめられたことがないので、自分の子供に対しても、「ほめられない」ということです。つい、(好ましくないとわかっていても)同じことをやってしまうのです。

生物学的な遺伝ではありませんが、ある種の遺伝だと思います。

叱るときは、ほめることを意識する

子供を叱るときは、ほめることを意識しましょう。

子供が行動したことを、まず認めて褒めます。悪いところはその後に指摘です

出典 https://happylifestyle.com

子供が実力以上のことにチャレンジすれば、失敗します。

頑張ろうとしたんだね、偉いね。でもここをこうしたほうがいいよ

出典 https://happylifestyle.com

それは、当たり前のことなのです。

最後に「次からはうまくいくよ」という言葉がけをすれば、なおいいでしょう

出典 https://happylifestyle.com

そんなときは、失敗にフォーカスして、厳しく指摘するのではなく、チャレンジしたこと、行動したことをほめましょう(そうすれば、子供が行動しやすくなります)。その後、悪かったこと、まずかったことを指摘すればいいでしょう。

最後に、「次からはうまくいくよ」という言葉で締めることができれば、いいと思います。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス