メインキャラクターはもちろん、サブキャラクターも愛らしいものが多いのも魅力のディズニー。
そんなサブキャラクターを、飴細工師の花輪 茶之介(はなわ ちゃのすけ)さんが飴細工で制作しているのをご存知でしょうか?

花輪 茶之介さんとは?

2011年より上京し、飴細工師として関東を中心に、お祭りやイベントなどで飴細工の実演をされている花輪 茶之介さん。現在は台場デックス東京ビーチ4階 『台場一丁目商店街 』で飴細工の実演を行っていることが多いです。

”親しみのある飴細工”をコンセプトに、日本全国出張実演を行っています。また、2015年にはハワイで飴細工の実演もしました。

どんな作品を作っているの?

その日にちなんだ作品をツイッターにアップしていることも多い花輪さん。実演ではリクエストされたものも作ってくれるようです。

食べ物から人物、キャラクターまで、細かいところまで凝っている可愛い作品を作られています。
こんなに可愛い飴細工を作ってもらえたら、子供だけでなく、大人もはしゃいでしまいそうですね!

そんな花輪さんが、ディズニーキャラを制作中!

様々な作品を制作している花輪 茶之介さんですが、今年に入ってディズニー長編アニメーション作品 全55作品のサブキャラクターを飴細工で制作することに挑戦しています!

画像はツイッターにて毎週金曜日に公開されています。

その作品がこちら!

白雪姫より

この青い鳥は、白雪姫の手にとまっているシーンが有名ですよね。
白雪姫が掃除をする時の軽やかな歌声が聞こえてきそうですね!

ピノキオより「ジミニー・クリケット」

ピノキオに良心を教え、人間になるまで根気よく指導していったコオロギのジミニー。
手を上げるポーズも紳士的!

ファンタジアより

魔法使いの弟子になったミッキーが、見様見真似で魔法をかけて自分の代わりに水くみの雑用をさせたホウキ。
映画のように止まらなくなるのは困りますが、働いてくれるホウキ、良いですよね!

ダンボより「ティモシー」

ダンボが空を飛べることに気付き、スターにするため奔走したダンボの親友のネズミ、ティモシー。
脇役ながらも、彼のファンは多いのではないでしょうか?

バンビより「フラワー」

雄のスカンクで、お花が大好きなフラワー。
バンビと初めて出会った時の一面のお花が目に浮かぶようですね。

いかがでしたか?

どれも本編が思い浮かんでくる可愛い作品ですよね。筆者のように、昔大好きで何度も見たことを思い出して、また本編を見たくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

残念ながら、これらの作品は購入することはできないようですが、まだまだ続く作品の制作に、今後も目が離せませんね!


==================

この記事を書いたユーザー

めっこりん このユーザーの他の記事を見る

転勤族の妻で、1児の母。
体験で役立ったことや、おススメ等を紹介していきたいと思います♪

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス