今月、米テキサス州で行われたマラソン大会「Katy Half Marathon」でハーフマラソンのギネス新記録を叩き出したのは、ベビーカーに11か月の娘を乗せて完走したパパ。カラム・ネフさん(31歳)が愛娘ホーランドちゃんを乗せたベビーカーを押してマラソンした今回のタイムは1時間11分27秒ということで、前回よりも2分以上も速かったそうです。

約21kmの距離をベビーカーで完走!

出典 https://www.facebook.com

重さ約10kgのベビーカーを押しながら走り続けるのは間違いなく至難の業でしょう。石油産業会社に勤める子煩悩なパパであるカラムさんは「どんなに忙しくったって、自分の夢や趣味を諦める必要はないと思います。それにやろうと思えばどんなことだってできるという可能性を見せたかったんです。」とコメント。

観衆に励まされながら走り続けたカラムさん

出典 https://www.facebook.com

結構な速さで走り続けるカラムさんをベビーカーの先につけたGoProカメラで見てみると、どうやらホーランドちゃんは終盤でほんの少し愚図ったそうですが、ほとんど大人しく乗っていた様子。素早く変わる様々な景色を見ながら何を感じていたんでしょうね。

やったね!パパはよく頑張りました!!

出典 https://www.facebook.com

1時間以上もベビーカーに乗せられて走っていたホーランドちゃんは、機嫌よく手を叩いたりキャッキャ言ったりして楽しそうにしていたとか。走っている最中でもパパをメロメロにしたことは間違いなし。だからパパもきっと頑張れたんでしょうね!

パパとのチームワークが一生の誇りだね!

出典 https://www.facebook.com

妻のジュリーさんと3歳になるアレッサンダちゃん、そして親戚が見守る中、見事ギネス世界新記録を打ち出したカラムさんとホーランドちゃん。平日の練習はベビーカーなしで走ることが多かったそうですが、週末は公園に行ってベビーカーを押して走っていたとか。頑張って練習した甲斐があって立派なメダルも貰いました。

11か月のホーランドちゃんはギネス新記録なんてまだまだ理解ができないでしょうが、成長した時にはパパがチャレンジしたことを誇りに思うことでしょう。

「走るということに価値があるんだ」

出典 https://www.facebook.com

本当は、メダルや賞、世界記録よりも「走る」ことそのものが大好きなのだというカラムさん。「走っている間も娘と一緒にいたかったんだ」ということから思いついたベビーカーを押してのハーフマラソンだったそう。

将来、娘たちが自分のように走るのが好きにならなくても一向にかまわないというカラムさんは「人生で何か自分にとって価値あることにチャレンジする」ことが大切だと言います。こんな素敵なパパに育てられる娘さん二人は幸せですね。

カラムさんのハーフマラソンの様子はInstagramやFacebookからでも見ることができます。キラキラした素敵な家族の写真を是非見てみてください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス