1997年、イランとのアジア第3代表決定戦において日本は、ジョホールバルの歓喜と呼ばれる勝利を挙げ、1998年のフランス大会に初出場。日本サッカー界の歴史はここから変わりました。

初出場となったこのフランス大会では勝ち点1すらあげられず惨敗に終わりましたが、この経験を経て2002年の日韓大会ではベスト16に躍進。しかし2006年のドイツ大会で、史上最強と謳われたジーコジャパンは結局2敗1分で予選リーグ敗退となりました。

そして前回の2010年南アフリカ大会では前評判を覆し、強豪カメルーン、デンマーク相手に勝利。2度目の決勝トーナメント進出を決めました。

今回はこの過去W杯4大会の日本代表の軌跡を動画で振り返ってみたいと思います。

出典 YouTube

いかがでしたか?そして5大会連続出場となるブラジル大会がいよいよ始まります。初戦の相手はアフリカの強豪国、コートジボワール。

しかし日本はこの4年間で海外のトップリーグで活躍する選手を多く輩出し、名実共に史上最強のチームとなりました。選手、そしてサポーターが求めているものは"優勝"のただ2文字のみ!頑張れニッポン!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス