2月29日付のオリコンウィークリーチャートで、初の1位獲得が発表されたアイドルグループ・こぶしファクトリー。

ハロー!プロジェクトの新人グループとして2015年9月にデビューしたばかりの彼女たちですが、18年に及ぶハロプロの歴史の中で2ndシングルでの首位獲得は、なんと先輩のモーニング娘。(3rdシングル「抱いてHOLD ON ME!」)も抜いた歴代最速記録になりました。

アイドル界期待の新星「こぶしファクトリー」とは、一体どんなグループなのでしょうか?

<こぶしファクトリーとは一体どんなグループ?>

・ハロプロ研修生を中心に結成された8人組、実は苦労人揃い

2015年1月に結成、同年9月にCDデビューを果たしている彼女たち。一見すんなりとデビューへの道を駆け上がったかのように見えますが、実はそれまでに全員がアイドル候補生として、2~4年の下積みを経験してきています。

まだ甘えたい年頃の小中学生の時から、バックダンサーとしてアイドルの夢を必死に追いかけ続けていた8人。オーディションの落選やお客さんのまばらなステージ、時にはビールケースの上で踊るような時期も体験しながら、その一つ一つを乗り越えて華やかなスポットライトの下に辿りつきました。

「私は、約4年半ハロプロ研修生で活動させていただいて、心が折れそうになるときもありました。
でも、歌が好き、ダンスが好き、応援してくれる人がいるから、辞めていった子達の分まで頑張りたかった、この思いでここまでやってきました」

出典 http://ameblo.jp

「ひとつひとつの辛い経験が、今の環境がどれだけありがたいかを教えてくれたんです!
それは誰よりも分かっているつもりです」

出典 http://ameblo.jp

・2015年の日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得、デビューイベントには”あの人”も応援に…!

デビューイヤーとなった昨年、実は日本レコード大賞で最優秀新人賞も獲得している彼女たち。

その舞台で披露し話題となったデビュー曲の「ドスコイ!ケンキョにダイタン」、実はこの曲にはあるエピソードがあり、彼女たちのデビューシングルが発売された2015年9月2日、そのタイトルや歌詞に絡めて大関・琴奨菊が、鳴戸親方(元大関・琴欧洲)とともに発売記念イベントに応援ゲストとして登場していました。

イベントでは「アイドル界の番付を上げられるように」と活躍を祈り、激励の四股も披露。そして琴奨菊関はご存知の通り2016年の大相撲初場所で見事初優勝を成し遂げますが、それから約1か月後に、縁のあるこぶしファクトリーも”初優勝”を決めた形になります。

出典 YouTube

・オリコン1位を獲得した『桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂』は、春にぴったりの爽やかさとパワーがつまった2016年初シングル

今回初めてのオリコン1位獲得作品となった『桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂』は、それぞれテイストが違いながらもグループの爽やかさとパワーが存分につまった、これから訪れる春にぴったりな一作。KANや前山田健一(ヒャダイン)がそれぞれ楽曲提供に参加していることでも、大きな注目を集めています。

『チョット愚直に!猪突猛進』(作詞作曲:前山田健一 編曲:鈴木俊介)

出典 YouTube

『押忍!こぶし魂』(作詞作曲:星部ショウ 編曲:平田祥一郎)

出典 YouTube

『桜ナイトフィーバー』(作詞作曲:KAN 編曲:ダンス☆マン)

出典 YouTube

フレッシュな若さと苦労が育んだ根性で、人気アイドルの第一歩をついに踏み出した「こぶしファクトリー」。気になる今後の最新情報は、オフィシャルブログやtwitterで要チェックです!

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス