SMAP×SMAPの「ちょっとだけ会いたい人」というコーナーで紹介された、岩波 邦明さんという方をご存知ですか?

今、小学生の間で大人気となっている書籍、ゴースト暗算を生み出した教育家です。

岩波メソッド ゴースト暗算

岩波さんは、中二で数学オリンピックの決勝に進出し、大学のセンター試験では900満点中881点で東京大学に現役合格したという、素晴らしい学歴の持ち主です。

その頭の良さで、誰もがわかりやすく学ぶことが出来るという書籍を生み出しました!!

シリーズ累計70万部を販売している人気の書籍で、数学が苦手だという人でも簡単に計算が出来るようになると話題になっています。

そろばんではマスターするのに最低2年かかると言われている、暗算が6時間で誰もがマスターすることが出来るという、分かりやすさが魅力です!!!

計算方法はこちら!!!

出典 https://twitter.com

47×8の計算をします。

1.図のように、お魚を描きます。
2.47をそれぞれ8と掛けます。

4×8=32(これを図の①、②に書きます)
7×8=56(これを図の③、④に書きます) 

3256の内、④はそのままに①②+③の32と5を足して真ん中に書きます。

答えは、376です。

分かりやすい!!とTwitterでは絶賛の嵐!!!

最初は難しいかもしれませんが、すぐにマスターできるように!!

学生の頃に知りたかった!!という声も沢山見受けられました。
この暗算を生み出した岩波さんがまだ28歳の若さということなので、仕方がないですね・・自分の子供に、今の子供たちに使ってほしい!と思った人も多いのではないでしょうか。

子供の頃、数学はわかりやすくゲーム感覚で教えてくれる先生が人気でした。イヤイヤ勉強するのではなく、楽しみながら学べるという事が大事ですね!!

スマスマを見て暗算が出来るようになったという人も!!

大人になっても暗算はできるに越したことはありませんよね。このゴースト暗算がもっと広まっていけば、もっと便利な世の中になるのではないでしょうか♪

2ケタ×2ケタの暗算も6時間でマスターできます!

ゴースト暗算の名前の由来は、最初はおさかなプレートを使って計算していくのですが、慣れてくるとおさかなを消して頭の中でおさかなをイメージすることが出来るという、おさかなが消えることをゴーストと呼んでいるようです。

小学生だけでなく、大人でもこのゴースト暗算を学んでみたいと思えた人も多いのではないでしょうか♪

気になった方は、ドリルを始めてみてはいかがでしょうか。
大人になると勉強できる機会はなかなかありませんので、自分からその機会を作るきっかけも大切ですね!!

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス