記事提供:Techinshght

パスタやサラダにササッとふりかける、その瞬間も大好きというパルメザンチーズ・ファンは多い。しかしその品質を疑ったことはあるだろうか。2012年に摘発された米国のあるチーズメーカー。

その食品偽装行為に対する裁判がいよいよスタートするにあたり、チーズの成分表示に関しては疑わしいものが実に多いことを『bloomberg.com』が伝え、波紋を広げている。

「あなたのパスタにふりかけられたパルメザンチーズ、ひょっとしたらチーズではないかもしれませんよ」

この信じがたい話は2012年、それまで人気ブランドであったペンシルベニア州のチーズメーカー、「Castle Cheese」社の工場に対する米国食品医薬品局(FDA)の抜き打ち調査がきっかけであった。

100%パルメザンチーズと謳っていた商品の成分に、原材料費を抑える目的で「木材パルプ」の主要成分であるセルロースが相当量混ぜてあったのだ。

同社は食品に関する虚偽表示の疑いですでに起訴されており、今月にも有罪答弁を行うものと予想されるが、CEOは刑務所に投獄される可能性も非常に高いという。

また『bloomberg.com』は独自の検査も実施している。そこで白と緑のコントラストが目印の「Essential Everyday」ブランドが販売している100%パルメザンチーズには、8.8%のセルロースが含まれていることが判明。

「ウォルマート/グレートバリュー」の同商品には7.8%、有名ブランド「Kraft(クラフト)」でも3.8%のセルロースを含んでいることがわかった。

セルロースは安全な添加物と位置づけられているものの、含有量として容認されているのは2~4%まで。

どのブランドも“100%チーズ”と謳っていることには大きな問題がある。

さらに、削って料理にふりかけるタイプの超硬質チーズには羊または山羊の乳を原料としたロマーノチーズもあるが、そうと謳いながら実は牛乳由来のチェダーをかなり混ぜた商品も出回っていることが判明したという。

こうしたことから彼らは、米国で販売されているチーズの20%は表示に偽りがあり、削ってふりかけるタイプの硬質チーズにおいて100%純粋なチーズと呼べるものは40%にも満たないのではと疑いをあらわにし、

FDAには全米の無数のチーズ工場に対する調査の手を緩めないようにと呼びかけている。

においや硬さ、舌触わりの珍しさなど、新しいモノ好きなグルメにとってチーズは最高に魅力的なカテゴリーである。

しかし最近では、プロセスチーズに使用される乳化剤(主にリン酸塩)に対する不安が語られるようになり、

輸入チーズにおいてはリステリア菌汚染の問題も時おり発生している。そうした危険を回避するためにも、必ず成分表示を確認していただきたいものだ。

出典:bloomberg.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス