記事提供:mamaPRESS

確定申告の季節。ママに関係する確定申告といえば、『医療費控除』の還付申告です。戻ってくる税金はしっかり取り戻して、損がないようにしたいもの。ここでは、医療費控除の仕組みや手順について簡単にご紹介します。

医療費が高額になると、一部の税金が戻る

そもそも、『医療費控除』とは何でしょうか?子どもが産まれる前には身近ではなかったという人も多いかもしれませんね。

医療費控除というのは、原則として医療費が10万円を超えた場合に、税金の一部が戻ってくる(所得控除を受けられる)制度。つまり、医療費の自己負担額が結果的に減るので、ありがたい制度なんです。

乳幼児医療費助成が適用される家庭にとってはあまり関係がないかもしれませんが、特に妊娠・出産した年には医療費が高額になりがちなので、条件を満たしていないかよくチェックしておきましょう。

『家族全員』の医療費を合算してもOK!

「うちは1人で医療費が10万円を超えることなんてないよ!」と思う人もいるかもしれません。でも、意外と知られていませんが、医療費控除は家族(同一生計の親族)の医療費を合算していいんです。

子どもが産まれると、家族の人数が増えるという理由があるのはもちろん、小さい頃は病気をしやすいので、医療費がかさみがち。家族全員分の医療費をきちんと把握しておいてくださいね。

交通費も申告OK。でもマイカーを使ったときはNG…

ただし、なんでもかんでも申告できるわけではありませんので、注意しましょう。なかには誤解しやすいものもあるので、申請がOKなもの、NGなものに分けていくつか例を挙げてみます。

申請OK

・診療費、処方せん、公共交通機関を使った場合の交通費

・妊娠判明後の定期健診、検査、通院費用

・陣痛がはじまったなど、緊急時に使用したタクシーの料金

・風邪を引いたために購入した風邪薬

申請NG

・差額ベッド代(ただし、医師が治療するうえで必要と判断した場合にはOK)

・“健康増進のために”購入したビタミン剤、サプリメントなど

・マイカーで通院する場合のガソリン代や駐車場代

・治療ではなく、“美容のために”かかった費用

いかがでしょうか?公共交通機関を利用した場合なども、どこに行くためにいくらかかったのかが明白であれば、領収書・レシートなしで申請可能です。諦めずに記録しておきましょう。

また、同じ項目でも条件によってOK・NGが変わるものもあるのでご注意を。迷った場合には、国税庁のホームページで医療費控除の範囲が確認できます。それでも疑問が解消されない場合には、税務署などに問い合わせてみるといいでしょう。

自宅のパソコンからも書類が作成できる!申請方法を押さえておこう

最後に、具体的にどのように申請すればいいのか、手順を解説しましょう。下記のような流れで行います。

(1)医療費の領収書をとっておき、交通費などは記録しておく

確定申告の対象は基本的に1年間(1月1日~12月31日)なので、この間にかかった医療費の領収書はしっかりとっておきましょう。交通費など、領収書として残らないものはしっかり記録を。

※過去のものも、5年間はさかのぼって申告可能。

(2)1年間を通して10万円(原則)を超えたかどうかチェック

1年間過ぎたら、合計額が10万円を超えていないか確認しましょう。条件を満たしていれば、忘れずに申告を。

(3)時期が来たら、確定申告をする

基本的に、確定申告ができる期間は2月中旬から3月中旬頃まで。ただし、医療費控除のように還付金を受け取るための申告であれば、対象年の翌年に入ってからすぐに手続き可能です。

源泉徴収票や領収書・レシート、口座情報などを用意のうえ、手続きしましょう。

なお、申告する際にあまり準備がいらず最も手軽なのは、自宅のパソコンで情報を打ち込み、プリンターで出力して提出する方法。国税庁の『確定申告書等作成コーナー』から『作成開始』⇒『書面提出』を選び、後は案内にしたがって進んでいくだけです。

1つ1つの医療費に関して、金額や病院名・病院の住所、診療を受けた人の氏名などを記入していく作業は、少し時間がかかるかもしれません。

しかし、途中で保存することも可能なので、前もって少しずつやっていけば、決して難しい作業ではありませんよ。提出方法は、直接税務署に持参しても郵送しても構いません。小さい子どもがいても安心ですね。

具体的にいくら戻るのかは、所得額や医療費額など、細かい条件によって大きく変動します。ざっくりとした例をあげれば、仮に20万円医療費がかかり、年収が500万円なら、3万円ほどが還付されるというイメージです(その他の条件は考慮せず)。

実際に申告手続きを進めていくと、いくら還付されるのかも表示されますよ。大まかな目安が知りたければ、インターネット上でシミュレーションできるサイトも複数あります。

家族が増えると高額になりやすい医療費。条件を満たしていれば、忘れずに医療費控除の申告をしましょう。

還付金を受け取る権利があっても、自分で申請しなければ誰も「還付金を受け取れるよ」と教えてはくれません…。ぜひ忘れずにチェックしてくださいね!

出典:国税庁「医療費を支払ったとき(医療費控除)」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス