今年もいよいよ開催された「ヤマザキ春のパン祭り」

出典 https://www.yamazakipan.co.jp

対象製品に付いている点数シール25点分で「白いお皿」が必ずもらえるヤマザキ春のパン祭り。

山崎製パンが毎年恒例で行っているこの企画、今年も2月1日からスタートされ、白いお皿欲しさについついパンを食べ過ぎてしまうといった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

現在ツイッターでは、そんなヤマザキ春のパン祭りでもらえる”あの白いお皿”の意外な事実が注目を集めているようです。

事の発端となったのは歴ログ(‎@jimanalyze)さんが投稿したこちらのツイート。

なんでもあの白いお皿はフランスで作られているもので、「春のパン祭り」が開催されるに当たり、フランスのお皿職人たちが好景気に沸くという驚きの事実。

「ヤマザキ春のパン祭り」がフランスでも有名であることを紹介したこのツイートは1万回以上もリツイートされ、「えっ日本で作った皿だと思ってた」あれフランス産なのかよw」など、多くの驚きの声が寄せられているようです。

フランス人にも春の訪れを告げるという「ヤマザキ春のパン祭り」

Licensed by gettyimages ®

日本人のみならずフランス人にさえも春の訪れを告げる「ヤマザキ春のパン祭り」

まさか他の国の人も「今年も春のパン祭りがやって来たぜ!」なんて喜んでくれているとは思ってもみなかった!

白いお皿に秘められたこの意外な事実については、巡りめぐってそんな効果も生まれているんですね!!」なんか、ほっこりする」と言った声もあがっているようです。

高級レストランでも使用されるアルク・インターナショナル社製の白いお皿

高級レストランでも使用されているという”アルク・インターナショナル・フランス社製”のこの白いお皿。

今年のお皿は”白いフレンチディッシュ”とのことですが、毎年、春のパン祭りのためだけに、1ヶ月もかけフランスから取り寄せているものなんだとか。

1981年から開始されたこの白いお皿プレゼントキャンペーン、累計の交換枚数は4億6000万枚にも上るんだそうです。

「白いお皿」は、高級レストランでも採用されているアルク・インターナショナル・フランス社製

出典 http://www.yamazakipan.co.jp

毎年「春のパンまつり」用にデザインを考えてつくり、できたお皿は船で約1ヶ月もかけて海を渡って運ばれてきます。

出典 http://www.yamazakipan.co.jp

また、震災の被害にあっても割れないほど頑丈との声も多い

出典 http://www.yamazakipan.co.jp

また、震災の被害にあっても割れなかったとの報告も多いヤマザキの白いお皿。

実はこの白いお皿を作っているアルク・インターナショナル社とは世界でもトップクラスのガラスメーカー。

ヤマザキの白いお皿も一般的な陶器ではなく”強化ガラス”で作られているんだそうです。

知ってしまったらますます欲しくなってしまうヤマザキの白いお皿の意外と知られていない事実。

どうやら今年もパンを食べ過ぎてしまいそうですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス