卒業シーズンであるこの季節は、たくさんのお別れがありますよね。友人や先生、学校、通ってきた通学路やみんなで行った場所…。そしてそんな別れは、次の自分へのステップでもあります。卒業文集に将来の夢を綴ったという人も多いのではないでしょうか。

そんな思いを込めて柳原可奈子さんが小学校を卒業する時に書いた卒業文集が素敵だと話題になった事がありました。

『熱く語る将来』  柳原加奈子

私は、卒業文集に将来の夢をかけるのが、すごくうれしいです。私が今まで将来について決意した事を、楽しく書けたらいいなと思っています。

歌手・ピアノの先生、学校の先生と、色々夢を広げていったけど、やっぱり大好きなお笑いの道へ進みたいと思っています。いつまでも、テレビや雑誌の前で笑っているだけじゃ、やっぱりつまらないです。

出典 http://ameblo.jp

今、人気の芸人さんも、最初はとてもつらかったと思います。いつかテレビで、お笑いコンビが、「ぼくたちが、始めてもらった給料の五百円、今でも大切に持っているんだ。」と、ふうとうに入っている五百円を見せてくれました。

私はその時、心が熱くなりました。大変だからこそ、やりがいがあるんだなと思いました。でも、それを乗り越えることができたから、こんなに輝いて見えるのだと思って感動しました。

こうして私のお笑いだましいはさらに燃えあがりました。

出典 http://ameblo.jp

私がお笑い芸人になったら、ただ、おもしろいだけじゃなくて、人を明るくできるようになりたいです。おなかの底から笑って、イヤな事をス~ッと忘れさせてあげられる、そんな芸人さんになりたいです。

私達は、あと少しで卒業してしまうけど、岩井臨海学園で泳いだことや、交通安全パレードであこがれの主指揮をやったことなど、新井小学校での楽しい思い出をいつまでも大切にしたいです。

そしていつか、私が有名な芸人になったら、また新井小学校に遊びに来たいです。

こうして私には、たくさんの夢があります。あこがれの芸人になるため、これからもがんばります。

出典 http://ameblo.jp

小学校の時から先生の物まねをやってクラスメイトを笑わせていたという柳原さんが、芸人という職業に目覚めたのは小学校5年生の時だったそうです。TV番組「ボキャブラ天国」でのお笑いブームの中、活躍する多くの芸人さん達を見て「なんて素晴らしい職業なんだろう!」と思ったといいます。

当時まだ小学生だった柳原さんが「笑ってもらう事で、その人は嫌な事を忘れて元気になってくれる」だから自分は面白い事をしたい!と考えたことに感動してしまいますね。

ボキャブラ世代の芸人さんといえば、ネプチューン、爆笑問題、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)、アンジャッシュなどなど、今でも活躍している人たちばかり。そんな彼らを見てワクワクしていた小さな柳原さんは、その自分の気持ちを見つめ「人を笑わせるってすごく素敵な事」だと感じたのでしょう。

今では、その時に憧れていた芸人さんと一緒にTVに出演し、私たちを元気に明るくしてくれる柳原さん。柳原さんの魅力は、そんな彼女の優しさから生まれてくるのではないでしょうか。

芸人としてだけなく、司会やラジオ、女優業など幅広い活躍をしている柳原さん。現在は3年ぶりとなるTVドラマ出演で、日曜劇場「家族ノカタチ」に出演中です。これからもきっと、様々な場所でたくさんの人たちを笑顔で元気にしてくれるのでしょうね。柳原可奈子さんの、今後の活躍にますます期待です!

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス