出典 https://twitter.com

記事提供:Techinsight

お笑いコンビ・パンサーの尾形貴弘がサッカー元日本代表でJリーグ・川崎フロンターレの中村憲剛選手について、ツイッターで「あいつはほんといいやつだなぁー!」とツイート。

中村選手からは「サンキューー!!」とお礼が返ってきた。この2人、いったいどういう間柄なのか?

中村憲剛選手が2月16日、『中村憲剛(kengo19801031)ツイッター』で「中央大学サッカー部の先輩でもあるパンサー尾形さんが麻生に来てくれました!!」とつぶやいた。

練習を終えた川崎フロンターレ麻生グラウンドを尾形貴弘が訪れたのだ。2人は大学サッカー界の名門、中央大学サッカー部の先輩後輩だという。

川崎フロンターレのホーム開幕戦でパンサー尾形が始球式を務めることとなり、後輩の中村選手も「一緒の舞台で仕事できる日が来るなんて…不思議な感じだ。笑」と喜んだ。

プロとなってもサッカー部時代の先輩に礼を尽くす彼に、パンサー尾形も感動したのだろう。

16日に『パンサー尾形(ogaogaoga399)ツイッター』で「憲剛に再会!!あいつはほんといいやつだなぁー!!」と感じ入ると「プレーも大好きだけど人間性も好きだわ!!憲剛みたいになりてーわ!!」と絶賛。

早速、中村選手から「サンキューー!!」と返信があった。

現在、尾形貴弘は38歳で中村憲剛選手は35歳となる。パンサー尾形はスポーツ紙のインタビューで中村選手について「俺が4年の時の1年生」と証言しており、とにかく真面目でサッカーが大好きだったという。

その尾形も仙台育英学園高等学校でサッカー部のキャプテンを務め、全国ベスト16まで進んだ。中央大学へもスポーツ推薦で入学する実力の持ち主だ。大学時代の貫禄を中村選手も覚えているのだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス