美しい目に憧れを持つ女性は多い

Licensed by gettyimages ®

目は口ほどにモノを言う」ということわざもあるように、目は顔の中でも注目を集めるパーツ。

小さい目がコンプレックスだったり、一重や奥二重であれば二重に憧れる。

テレビや雑誌などで活躍する芸能人のような”ぱっちりデカ目”に憧れる女性は本当に多いと思います。

しかし、現在ツイッターではそんな”目にコンプレックスを持つ女性たちに対する怒りのツイート”が話題になっているようです。

『何度も言ってるけどこういうことなんですよ(ガチギレ)』として、こちらの画像を投稿したのは、秋和@春コミ[東2フ02ab](@hrsmc6)さん。

世の中に多く存在するという目にコンプレックスを持つ女性たち。

”目がブスな女性”が化粧次第で「どうにでもなる」のに対し、どんなに目が美しかろうと、”目以外がブスな女性”が直面するという「あまりにも残酷な現実」を分かりやすく説明したこの画像。

投稿者の悲痛な叫びを図解したこのツイートは、3万回近くリツイートされるとともに、『考えたくない!』『上の絵が本当にスッピンと化粧でめっちゃじわじわ来てる』など大きな反響を呼んでいるようです。

また「下の絵」を見て”あること”に気がついてしまう人たちも続出…

出典 https://twitter.com

目がブス、目以外がブスのふたりの女性を上下で分かりやすく比較したこの画像。

この画像を目にしたことで自分の顔がどちら側なのかを再認識してしまう人たちも続出…。

下の方わたしにソックリ『お姉ちゃんからこの画像送られてきて「お前下な」って言われた』など、乙女たちの悲痛な叫びも続々と寄せられることになっています。

一方では冷静に解決策を模索する人たちもいる

一方では冷静に解決策を模索する人たちも登場。

目以外がブスな場合はマスクでどうにでもなる』との声も。気になる部分をすっぽり隠せる”マスク”は、優秀な美容アイテムなのかもしれません。

とりあえずはマスクさえ付けておけば『どうにでもなる』ことが分かった今回の一件。

いつの時代もなくならない”自分の顔に対する悩み”の持つ闇の深さを垣間見ることが出来たのではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス