紙飛行機って、男のロマンが詰まってますよね。子供の頃、どんな風に折ったらより遠くに飛ぶのか、延々と実験した経験がある人も多いはずです。

それから年齢を重ねるに従って紙飛行機に触れる機会は少なくなりますが、いざ子供を持つと、また「パパ〜、紙ヒコーキ作って〜」などと言われることが増えてきます。しかし、いざ作ろうとしても昔作った「よく飛ぶ折り方」は覚えておらず、結局はとりあえず普通の紙飛行機を作るだけ。そして、イマイチ飛ばずに変な空気になって終わるという…。パパあるあるです。

今回は、そんな人に朗報となる「1分で作れて、鳥のように空を舞い続ける紙飛行機」の作り方をご紹介。このタイトル、大げさじゃないんですよ。

動画の中では「え?こんなの飛ぶの?」と思ってしまうような形の紙飛行機が完成しますが、最後(3分過ぎ〜)には実際にそれを飛ばしているシーンが収められています。ホップしながら延々と空を舞い続け、最終的には雲の彼方に消えていってしまうという…。なんとも驚きの光景です。

出典 YouTube

作ってみたくなったらシェア

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス