記事提供:Techinsight

板野友美がバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』に出演した。ツイッターでも放送前日に告知があり「友ちん出るの? 見ます! 見ます!」とファンも期待したが、本番ではトークでの絡みがほとんどなく「今度でたら、 もっと頑張って」と激励がつぶやかれている。

2月16日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)は“犬好き・猫好き芸能人SP”をテーマに放送された。板野友美も犬好き芸能人として出演しており、15日に『板野友美(tomo_coco73)ツイッター』でも「明日!!…19:56~みてね♪」とツイートしていた。

前半で明石家さんまから「板野のところは?」と振られると愛犬の名前“coo(♂)、cheek(♀)”と写真が映り、板野が「私は2匹です。吠えたりしなくて、飼い主にすごく忠実なんですよ。それがすごい可愛いなって思います」とコメント。

後半で「板野も“犬”とか言われるのは嫌なの?」と振られ「ワンちゃんとか…」「ワンちゃんだったらいいけど」と返す、その2場面しか彼女のトークシーンはなかった。

彼女のアカウントには「すべりだしはよかったのに、いつもの感じと、番組がちがった。ような気がする」「ともちーん、全然しゃべってないやーん。cooになってるし。ダレちゃんにココ取られちったね」(板野の愛犬が本当は「coco」であり、ダレノガレ明美の愛猫が「coco美」だったため)といったコメントが寄せられており、残念に感じたフォロワーが少なくない。

さらに他の視聴者もツイッターで「板野友美が喋ったの7文字でなんかかわいそう」「1回も喋ってなくねw 石〇浩二さんかてw」「なんか見てて不安な気持ちになった(笑)」と感想をつぶやいている。

ただ、「ともちん可愛かった!」「とても綺麗でした。これからも頑張って下さい」というファンもいるように、彼女はひな壇の後列でずっと笑顔を見せていた。そうした姿勢はAKB48時代より成長したと言えるだろう。

この日は、ダレノガレ明美や柴田理恵のトークが大ウケしており、初登場のモデル・瑛茉ジャスミンもさんまによくいじられた。板野友美もそこに食い込むのは難しいだろうが、やはりエピソードの1つくらいは欲しい。

『板野友美 tomo.i_0703 Instagram』にはAKB48・10周年記念シングルで共演した大島優子とのオフショットを公開している。バラエティ番組でどう切り込むか、大島に秘訣を聞いてみるのも良さそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス