お家に引き戸があるご家庭では、閉める時に勢いがついて戸がバウンドしたり、力が足りなくて隙間が開いてしまうことがよくあると思います。

そういった現象をアシストして戸が楽に閉まるようにする「ソフトクローズ」という戸の仕様があることをご存知でしょうか。

戸を閉めていきますと枠より残り約5cmよりソフトクローズ機構が作動し、最後までバネの弾性を利用して静かにゆっくりと戸を閉めます。
また、ソフトクローズ機構により戸のバウンドや衝撃音を防ぎます。

出典 http://www.atomlt.com

上記のようにとても便利な機能で、最近では食器棚などの引き出しにもよく採用されています。

このソフトクローズは引き戸とその枠に特殊な装具を後付けるか、既に戸に装具が埋め込まれているかのどちらかが基本なのですが、なんと
100円ショップに売っている物2つだけで、超簡単に
似た機能を再現できるのです!!

☆必要アイテムはこちら!!☆

出典photo by もいさん

・マグネットテープ
・薄い強力マグネット

この2つのアイテムは、どちらも100円ショップで売っている物です。

出典photo by もいさん

強力マグネットは色々な形状の物がありますが、上の画像のような豆電池風の平べったくて薄いものがオススメです。

この2つを引き戸に設置するのですが、その方法も驚くほど簡単なのです!

①強力マグネットをつける

出典photo by もいさん

戸の引き手がわの側面に、強力マグネットをつけます。

画像のように鍵金具がある場合、そこに強力マグネットが勝手にくっつくので、本当に手間いらず。
金具がない戸の場合は、両面テープ等で固定します。

②対面する同じ高さにマグネットテープを貼る

出典photo by もいさん

引き戸が閉まったときに接触する枠の方に、強力マグネットと同じ高さでマグネットテープを貼り付けます。

これで終了です!!

もうお分かりですね。
磁石の引き合う力を利用してソフトクローズのような動きにさせるのです!


実際に、「磁石あり」と「磁石なし」の違いを動画で確認してみましょう。

<磁石無し>

出典 YouTube

磁石なしだと閉めた力で跳ね返ってしまい、隙間が出来ていた引き戸。

<磁石あり>

出典 YouTube

磁石を付けると一度バウンドはするものの、吸い付くように戸がしっかりと閉まります!

☆隙間はほとんどナシ☆

出典photo by もいさん

どちらのマグネットも薄いものを使用しているので、閉めた時の隙間はほとんど気にならない程度です。

磁石を設置する場所は、人目につきにくい戸の上下などにしても良いですね。

☆設置のポイント☆

磁石を設置する際の注意点は、

①片方は強力マグネットにする

②重い引き戸には向かない

の2点です。
マグネットは普通のものだと引き合う力が弱く、あまり効果が出ません。
逆に両方「強力」にしてしまうと、力が強すぎて一方に磁石がくっついてしまいます。

また、滑りのない重い引き戸にはソフトクローズの機能自体が向いていないので注意です。


いかがだったでしょうか。
引き戸の隙間を解消するソフトクローズ風アイディア。
毎日の動作のわずらわしさがひとつ減るだけで、とても気分が良くなるものです!

100円ショップで手軽に買える物のみで簡単にできるので、ぜひ試して見て下さい♪

この記事を書いたユーザー

もいさん このユーザーの他の記事を見る

小学生と幼稚園児の母。オシャレ、プチプラ物、シュール、猫が大好物です。

得意ジャンル
  • 話題
  • インテリア
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら