日本ではちょっとあり得ないような話が飛び込んできました。スペインで6年間ほとんど出勤していなかったにも関わらず、そのことに他の職員が全く気付かずに6年間給料をもらい続けていた男性が今回発覚したのです。

しかも、市役所が男性の「勤続20年の表彰」をしようとしたところ、実は6年も出勤していなかったことがわかったというなんともおマヌケな話。

市の水道局員として雇われていた男性

Licensed by gettyimages ®

スペイン南部のとある水道局に勤めていた男性は69歳のホアキン・ガルシアさん。彼は1990年に雇用され、その後地方自治体が管理するオフィスを与えられていたにも関わらず6年間出勤せず、そのことに誰も気付いていなかったのです。

水道局が彼の勤務状況を把握していると思っていた市役所は、今回の事実発覚に驚きを隠せないそう。6年間も出勤していないガルシアさんに給料を支払い続けていた市役所側は、今彼に2万7千ユーロ(約340万円)の罰金を命じているとか。

ガルシアさんの言い訳とは?

Licensed by gettyimages ®

気付かなかった市役所も市役所ですが、当のガルシアさんは「田舎町のオフィスに追いやられてほとんど出勤しても仕事もほとんどなく、そのうち出勤しなくなった。でも養う家族がいるから怖くて言い出せなかった。」と言い訳しているそうです。

誰の管理下にもなかったガルキンさんの勤務状態。野放しで楽だと思う一方で寂しさも感じていた様子。6年間も出勤していないことに誰も気付いていないというのは驚きですよね。それだけ存在感がなかったということなのでしょうか。なんだか悲しい。

既にリタイアしていたために、会社を「クビ」にはならず

Licensed by gettyimages ®

年俸3万7千ユーロ(約470万円)の契約で雇われたガルシアさんは、6年間も仕事をせずにその給料をまるまるごっそりもらっていたのだからまさに「給料ドロボー」もいいところ。

働かないでお金を稼げたらどんなに楽だろうかと考えてしまうこともあるけれど、やっぱり働かずにはお金は得られないということがガルシアんさんにもいい教訓になったのではないでしょうか。69歳という年齢で会社側に罰金を返さなければいけないのはイタいでしょうが、これも身から出た錆ですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス