記事提供:TOCANA

最近の研究によると、特に35歳以下の若者世代は、性行為が終わった後、その余韻にひたることなくまた「繋がりたい」という欲求を感じる割合が多いのだという。

しかもその相手は顔も見えない人物であるのだ。一体今、若者世代にナニが起きているのであろうか?

■もはや人生の一部、SNSにとりつかれた若者たち

皆さんはどのくらいの頻度でSNSをチェックするだろうか?

電車に乗っていると多くの人がスマートフォンを眺めているが、多くの人は何らかのSNSでもって知人もしくは、インターネット上の知人とコミュニケーションをとっていることだろう。

Facebook、TwitterをはじめInstagramやオンラインゲーム等、スマホの進化によってどこにいても誰かと繋がることができるようになった。

米・家庭用電化製品の販売動向などの調査にあたるサイト「Retrevo(リトリーボ)」が1000人を超すユーザーを対象に行った「ガジェットと消費者の行動」というリサーチによると、35歳以下は男女関係なく「SNS依存」にあることが明らかになった。

これは、これまでゲームやテレビに費やしていた時間がスマホに流れた結果だと見られている。

■35歳以下の27パーセントが1日10回以上Facebookをチェック

調査結果によれば、35歳以下の27パーセントにあたるユーザーは一日に10回以上Facebookの更新をチェックしていると回答。

さらに、その頻度が10回未満であるが、必ず1回は友人の最新投稿をチェックしたり、そこにコメントを残すと回答したユーザーを含めると、全体の83パーセントが一日に複数回ログインしていることになる。

また、就寝後布団の中に入ってからもSNSチェックしたり、自ら投稿しているのが48パーセント。朝起きてまずすることがSNSのチェックだという人は42パーセントであった。

ちなみにこの層の大半は朝のニュースを新聞やテレビではなく、ネットで流れてくるそれぞれお好みのアプリを使って得ているというデータも出ている。

デジタルジャーナルの取材に応えた「Retrevo」の広報部長であるジェニファー・ジョンソン氏は、

「私たちが一番驚いたのは、彼らがSNSに割く時間を再優先し、その習慣をやめようともしていないということでした。彼らの中でSNSはまさに生活の一部なのです」と、語っている。

「SNS中毒」ともいえるこれらの状況は、もはや若者の間では当たり前のようになっているのだ。

■SEX終わればすぐにSNSをチェックする若者たち

調査によれば、なんと「全体の36パーセントのユーザーが性交渉が終わってまずすることにSNSのチェック」だと回答しているそうだ。

映画でよく見るような恋人同士のピロートークは時代遅れなのかもしれない。彼らは先ほどまで肉体的に繋がっていたパートナーをよそに、ことが終わればすぐにインターネット上の誰かと繋がらずにはいられないのだ。

ここまで来るとSNS依存もかなり重症だ…と、とらえるのは、世代の差なのか。

また、36パーセントというデータは35歳未満のユーザーの平均値であり、「25歳以下のユーザーだけに絞るとさらに18パーセントも増加」、つまり54パーセントもの人々が、セックス後、すぐにSNSを見ていることがわかった。

さらに25歳以下に限って言えば、一日に数回どころか、1時間に必ず一度は何らかのSNSを見ないと気が済まないと答えた人が大半を占めるようだ。

もしかしたらSEXよりもインターネットに繋がっていたいという人もいるのかもしれない。

ジョンソン氏次のように語っている。

「これらの発見は、人と人との間でコミュニケーションの取り方に大きな変化があらわれてきていることを物語っています。そしてこの状況は、今のSNSに取って代わるようなものが現れない限り、なくなることはないでしょう。SNSは一度はまると多くの時間を費やしてしまいますが、今や大衆の楽しみですからね。

複雑なプログラミング用語や専門的なウェブの知識が無くてもオンラインで誰かと繋がれる、この手軽さが魅力なのでしょう」

今現在、Facebook中毒のユーザーだけでも3億5千万人いるといわれている。それに加えて、Twitter、Instagramなど挙げればキリがないほどSNSサービスは存在している。

このままいけばSNS中毒者数は右肩上がりだろう。あと半世紀もしたらどうなっているのだろうか。行為中もSNSを見る者が大半を占めるようになるのかもしれない。

出典:HUFFPOST TECH
出典:DigitalJournal

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス