記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
溶連菌感染症は幼稚園や保育園など、子供たちが集団生活を送る場では特に流行しやすい感染症の一つです。もちろん大人でも感染するおそれはあります。患者数が過去最多というニュースもありました。

今回は、溶連菌感染症について医師に解説していただきました。

溶連菌についておさらい

溶連菌と言っているものは、「溶血性連鎖球菌」の略称です。
一般的にわたしたち人間に感染すると、のどの痛み発熱などの症状を引き起こします。

溶連菌には数多くの種類があります。
少し専門的な話になりますが、α溶血とβ溶血を引き起こす2種類の溶連菌があります。このうちβ溶血を引き起こすタイプの溶連菌を分類するとA群と呼ばれるものが多いです。
この種類を「A群β溶血性連鎖球菌」と呼んでいて、人間の溶連菌感染症の9割以上を引き起こしていると考えられています。 (もちろん、それ以外のタイプの溶血性連鎖球菌による感染症も存在します。)

今回は溶連菌感染症の多くを占める「A群β溶血性連鎖球菌」による感染症を「溶連菌感染症」としてお話ししたいと思います。

溶連菌から引き起こされる病気&症状は?

もっとも典型的な溶連菌感染症の症状としては、以下のものが挙げられます。
・38度を超える発熱
・のどの痛み

のどの部分に感染して、扁桃炎や咽頭炎を引き起こすこともあります。

特に小さいお子さんでは中耳炎になったり、肺炎を起こしたりすることもあります。
また、猩紅熱(しょうこうねつ)と呼ばれる発疹を伴う病気を引き起こすこともあります。 舌が赤くなって発疹が出現する「イチゴ舌」と呼ばれる状態になることもあります。

小さなお子さんの場合は、ひどく熱が上がらないときもあるといわれます。高熱が出ないからといって安心は禁物です。

溶連菌の検査&治療はどんなもの?

病院を受診して溶連菌感染症が疑われたら、診断を確定するための検査を行うことになります。
検査は難しいものではなく、のどの奥の細菌を調べるかんたんな検査です。10~15分ほどで結果がわかるので、非常に迅速に行われます。

溶連菌感染症であることがはっきりしたら、薬による治療が始まります。
溶連菌に効く抗生物質を中心に、のどの痛みを抑えたり熱を下げる薬が併用されることもあります。
薬を服用すると通常数日間で症状は軽減し、熱も下がってきます。

熱が下がることで安心して、途端に薬を服用しなくなる患者さんがいらっしゃいます。しかし溶連菌感染症の場合、自己判断での薬の中断はおすすめしません
必ず決まった日数飲み続けて、きちんと溶連菌を身体の中からなくす必要があります。体内に菌を残しておくと、リウマチ熱急性糸球体腎炎などの合併症を後々発症するおそれがあります。

体内から溶連菌を追い出し、合併症も予防していきましょう。

≪最近身体が弱ってきている...あなたの免疫力は大丈夫?≫
▶1分で簡単チェック【免疫力】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

溶連菌は普通の風邪よりもかなり強いのどの痛みを伴います。特にお子さんにとってはとてもつらいものです。

単なる風邪だと放置していたら溶連菌だった、という例もあります。おかしいなと思ったらかかりつけ医を受診するといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス