すでに結果の出た人も多い2016年度の合格発表

Licensed by gettyimages ®

各学校の2016年度の合格発表、すでに結果が出た人たちも多いのではないでしょうか?

最近ではSNSで自身の合格を報告し、友人やフォロワーたちと喜びを分かち合う姿も数多く見受けられますよね。

しかし、そんな最近の合格者事情についてツイッターでは”ある注意喚起”が注目を集めているようです。

合格者に向けての注意喚起をツイートしたのは関大前と関西大学の情報紙「ブームスポーツ」の公式アカウント。

念願の受験に合格したことを喜ぶあまりSNSに投稿してしまう人たち。

しかし、その際に受験番号や個人名がわかるものを書き込んでしまうことで、なんと本人になりすまして合格を辞退してしまう人がいるんだとか…。

このことから絶対に個人名、受験番号は特定されないように、「ハッピーな時ほど細心の注意が必要!」と呼びかけています。

この注意喚起にはツイッターでも驚愕の声が…

Licensed by gettyimages ®

妬みなのか、それとも繰上げ合格の可能性にかけているのか…。浮かれている合格者を地獄へ叩き落すかの行為。

ブームスポーツの公式アカウントが投稿した注意喚起に、ツイッターでは怖い世の中だ…」最近は、こんなことまで気にしなきゃいけない時代なのね…」など多くの声が寄せられているようです。

一方で、受験番号と個人名がわかれば本人でなくとも合格が辞退できるということについて、そのシステムの脆弱性を問題視する声もちらほら。

このことについては「最近では、一旦合格辞退の連絡を受けた後に学校側から連絡がくる」といった声もあるようです。

さすがに電話一本で合格辞退というわけにはいかないかと思いますが、余計なトラブルに巻き込まれないようにするためにもSNSへの投稿には注意が必要。

喜びにうかれるあまり余計なことまで書き込んでしまわないように気をつける必要がありそうですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス